FC2ブログ
2010 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 02

柑橘の女王「せとか」

柑橘の女王「せとか」

柑橘の女王「せとか」という品種の蜜柑をご存知でしょうか?私は昨日初めて「せとか」を知り、そして、食しました。

「せとか」の品種登録は、平成10年とまだまだ歴史の浅い新品種です!「清見タンゴール」と「アンコールオレンジ」を掛け合せたものに、晩生の高品質品種「マーコットオレンジ」を交配し、育成されたのが 「せとか」です。まだまだ、生産量が少なく、高価なものです。今のシーズン、デパート等の果物売場では1個1,000円前後の値段が付けられてるようです。

ちなみに、私が食べた「せとか」は1個1,100円の物です。上記写真の蜜柑が1,100円ですよ~!大きさが分かるようにマンガ本と一緒に撮影してますけど、八朔ぐらいの大きさですね。

皮が薄くデリケートな「せとか」

そして、この「せとか」ってやつは、皮が非常に薄く剥き難いです。更に中の身の袋もデリケートで皮を剥く時に少しでも爪を立てようものなら傷付けてしまいます。ここまで皮を剥くのに5分くらい時間がかかってます。全部皮を剥くまで10分以上はかかりました。

ようやく剥き終わった「せとか」

食べたいという逸る気持ちを押さえて、丁寧に皮を剥き、ようやく口に運ぶときがきました。デリケートな皮は房の小袋も同様で、1房1房に分けるのも一苦労です。薄皮がすぐに破れてしまう。
一口、口に含むと、房が柔らかくて口に残りにくく、果肉の甘さとジューシーさをそのまま口の中で味わえるので、旨みが口の中いっぱいに広がります。こんな美味しい蜜柑は生まれて初めてです。

この冬、1箱1,000円の蜜柑を買うか、買わないかで迷ってたくらいでしたので、正直高い買い物しちゃったかなぁ~?!って思ってましたが、この味には1,000円払う価値はありますよ!一度は食べておいて損はない美味しい柑橘です。




アマゾンで買うと安いしぃ~





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト