FC2ブログ
2010 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 01

終わってる日本のTV業界

THIS IS IT

12/24(金)クリスマス・イヴに楽しみにしてた事。それは、金曜ロードショーで地上波初マイケル・ジャクソンのTHIS IS ITが4時間スペシャルで放送されるというものです。映画本編の前に2時間の特別枠が組まれるようで、きっと、マイケル・ジャクソンという素晴らしいエンターティナーが題材なので期待出来る番組だろうと楽しみにしていました。見逃してはならぬと番組スタートの30分前にTVの前に座り番組が始まるのを今か今かと待っていました。

This is it 4時間スペシャル

そして、いよいよ番組がスタート!………なんじゃこりゃぁ~!!!毎度の低俗なバラエティ番組ですか…。(唖然)どんなに素晴らしい題材を与えられても、結局出来上がる番組はボキャブラリーのない低俗なバラエティ番組…。画面の隅っこには、必用も無い芸能人のVTRを観る姿が映し出され、能天気に笑ってる…。もっと、スペシャルというから格式高い見応えのある番組かと思いきや、いくら天下のエンターティナー、マイケル・ジャクソンを取り上げた番組とは言え、観る気ゼロです。

もう、ここまで来ると、日本のTV番組は極めてますね。どんなに素晴らしい最高級のA5ランクの松坂牛を与えられても、調理でマズくて食えない物を作る素人以下な調理人のようなものです。

This is it 4時間スペシャル

わずか、10分足らずで嫌悪感を抱いて、TVのスイッチを切ってしまいました。4時間スペシャルは4時間拷問に一瞬で変わってしまった。
ハッキリ言って、DVDを買ってるので別にTVで観る必用も無いし、最初の特別枠の2時間は拷問に等しいから観る価値無しだ!
もう、日本のTV制作は必要ないよ!こんなに素晴らしい材料を与えられてるのに、クズ番組しか作れないのだったら番組を作る必用は無い。海外から素晴らしい番組を買い付けて、字幕なり吹き替えなりで、そのまま放送してくれた方がマシです。

楽しみにしてた番組だけに、それを裏切られたショックは大きいです。ますます、地デジ化でアナログ放送が終わってもTVを買い替える気が無くなってしまった。それにしても、この怒りを何処にぶつけたら良いんだ?





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト