FC2ブログ
2010 081234567891011121314151617181920212223242526272829302010 10

尾道浪漫

尾道浪漫

私にとって、凄く懐かしい写真素材集です。個人的な非売品でございます。(笑)
今から約20年前に尾道で撮影しました。今では尾道の駅前等、街が美しく再開発されて風景が様変わりしましたけど、当時の尾道の日常が収録されています。まだ、デジカメなんていう便利な物は存在してなくて、アナログのスチールカメラで撮影したものです。
その撮影されたフィルムを、当時、家庭用のフラットベッドスキャナー…ではなく、ちゃんと本格的なプロの手によりドラムスキャナーで分解入力してもらいました。
サイズは約2400×1600pixelと、当時としては、かなり大きめのサイズに分解入力してもらってたのですが、今となっては大した事の無いサイズですよね。パソコンの内蔵ハードディスクが500Mbぐらいで「スゲ~大容量じゃぁ~!」って騒いでた時代ですからね…。今じゃ私の使ってるコンパクトデジカメでも4000×3000pixelですし、GBのメモリチップなんてポケットに入れて持ち歩けるし、パソコンのハードディスクなんてTBが当たり前…。これがデジタルの怖いところです。(^_^;)

約20年前の尾道駅前風景

夕方の尾道駅前風景です。西日に道路と線路が照らされてゴールドに輝く感じが好きなのですが、柱が思いきり線路の邪魔をしてるんじゃダメですね。プロの手によるドラムスキャナーの分解入力でも、元の写真を撮ったカメラマン(私)の腕がダメじゃ話にならんね。(^_^;)

約20年前の因島大橋

しまなみ海道の橋の1つ、因島大橋は瀬戸内海の布刈瀬戸に架かる吊り橋で1983年に開通しました。全長1,270mと開通当初は日本最長の吊り橋でした。故 平山郁夫さんが絵に描いた場所がここかなぁ?…もうちょっと、先のポイントかも知れませんね。

約20年前の尾道駅より西側の風景

尾道駅より西側の国道2号線です。この風景も、もう見る事は出来ません。国道2号線を走る車に時代を感じますね。今は見る事の出来ない雁木の風景等、懐かしい尾道が、このCD-Rに詰まってます。

当時はデジタルデータにして残していればと、フィルムを分解入力してもらって、いつでも使う事が出来るからと思ってましたけど…、技術の進歩という事は計算されていませんでした。(笑)
今でも使えない事はないのだけど、写真サイズに制限が、かけられたようなものですね。アナログ、デジタル…共に一長一短がありますね。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト