FC2ブログ
2008 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 08

病院嫌い

ソファーの上のナーゴ

ここの所、急に暑くなったからなのか、
うちのナーゴさんの調子が優れない。
もう10歳を超えるご老体ですので
この暑さは体力的にも辛いのかも知れません。
また、毛の生え変わるシーズンでもあり、
グルーミングで毛を大量に呑み込み、
毛玉症の症状も現れて来てるような…。
そして、吐く頻度も激しくなり、
吐いても胃液しか出ない状態で
ついに病院にかかる事になりました。

家の中でぬくぬく育ったおぼっちゃまですが、
過去に数回病院に行った経験はありまして、
その事を覚えているのか、
キャリーバッグを見た途端鳴き方が変化しました。
キャリーバッグに入れると、
それはそれはこの世の終わりかというような
激しい鳴き方に変わり
病院までの道中、車の中で騒ぎっぱなしでした。

フミフミ

病院に着くと普段のとぼけた表情とは打って変わり、
先生に対し威嚇の嵐です。

滅茶苦茶興奮しててレントゲンを撮る事も出来ず、
血液検査の為の採血も無理な状態で、
しまいには点滴も拒否。
治療と言う治療がことごとくダメで、
結局吐き気止めの注射で様子を見る事になりました。
しかし注射直前に
助手の先生がナーゴさんに引っ掻かれ負傷。

そして2~3日様子を見てたのですが、
やはり症状が良くなってないので、
再度連れて行く事になりました。

今度は獣医さんからの要望で、
暴れないように洗濯ネットに入れて
連れて来て下さい
との事で、
洗濯ネットに入れて病院に向かいました。
ナーゴさんは今まで洗濯ネットに入る経験が無かったので、
何も知らず自分から素直に洗濯ネットに入ってくれました。
しかし、キャリーバッグを見るとやはり騒ぎますね。(^_^;)

必殺仕事人…待ち伏せ

そして今度こそ
血液検査やレントゲンが可能だろうと思ってたら、
病院に着くや否や、ネット越しに暴れる暴れる。
結局、レントゲンは断念。
更に採血中に洗濯ネット越しに
先生の手に噛み付き、今度は先生が負傷。

採血も中断で断念。
も~、ナーゴさんを病院に連れて来た事が申し訳なく感じて、
ホトホト困ってしまいました。

とりあえず今回は点滴をうけて帰って来たのですが、
前回出来なかった点滴だけでも出来たから良かったのか…。
それにしても、
ナーゴさんの病因嫌いには困ったものです。
まぁ、ナーゴさんにしてみれば何されるか分からないので、
命がけの抵抗なのでしょうけどね。
だけど、もう何回か連れて来てる病院なので
いい加減慣れようよぉ~。


先生に菓子折りでも持参して
お詫びに行かないと不味いなぁ。
先生と助手の方2人に負傷させてるんだもんなぁ。

現在の一番落ち着く場所

帰って安心し巣ごもり状態のナーゴさんです。
まぁ、なにはともあれ、元気に治ってくれ。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト