FC2ブログ
2008 031234567891011121314151617181920212223242526272829302008 05

効果よりも話題性?

残業

日本の国って、
つくづく効果よりも話題性(目先のアピール)の国だなと感じます。


…というのも、mritoさんのブログの
デザイナーたちの自己満足2(クリック)」を参照してください。
エコバッグをテーマに、
デザイナーさんの活動が取り上げられてますが、
こうした矛盾は至る所で目にします。
本来ならば、企画だのプロデュースだのと騒いでる
デザイナーさんがちゃんと企画して、
先頭に立ち、正していかなければならないと思うのですが、
デザイナーさんも自分達の利益の事しか眼中にないようです。
その為、問題にも気がつけないでいるように感じます。

(一般の人の方がしっかりと考えられている)

このエコバッグの矛盾を読んで、
真っ先に頭に思い浮かんだのが、
以前、私が発泡スチロールのトレー回収で
疑問を感じたこちら(クリック)の記事です。
どちらも言える事は、
今社会問題になってる環境問題をテーマに
本当に環境を考えるのではなく、自分達の利益の為、

「アピールする材料に環境問題を利用してるだけ」
という印象です。

そんな中、某大型家電量販店が、
またもや環境問題を企業イメージの
アピールに利用してるニュース記事を見ました。
↓こちらがその記事です。

某大型家電量販店は2008年3月26日、
グループ全店で「1月1日を休日にする」と発表した。
元日営業をやめる事で、環境面では二酸化炭素(CO2)の削減、
労働面からは社員の
ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の実現を
目指すというふれこみだ。
コンビニ、スーパーなど小売業界では、
休日営業や深夜営業を増やしてきたが、
最近ではCO2削減やワーク・ライフ・バランスを考えて
営業時間を見直しがはじまっている。


正月の営業に関して言えば、
私も休む事には賛成です。
過去にも正月の営業について記事にしてます。
年末年始…(クリック)(参照)

ただ、この「1月1日を休日にする」という理由に、
環境問題を上げるのは納得の出来ないところです。

明らかに話題性の為が目的のような…。
環境を本気で考えるなら、
毎日の営業時間を1時間短縮します。

…という話題にもされないような、
小さな試みの方が効果的じゃないでしょうか?

1月1日を休みにして24時間の削減ですが、
1日1時間の削減で、
チリも積もって365時間の削減になります。
1年に1回のイベント的なアピールよりも、
毎日の積み重ねが効果を生むのじゃないかなぁ?


更に、エコバッグを企画してるデザイナーさんの話も、
本気でエコを考えるなら、
「エコ活動に貢献してます」ってアピールしながら
ゴミになるエコバックばかり考えてるのじゃなくて、
意味のない無駄な仕事を改善し、
毎日の残業を1時間でもカット出来る方向に活動した方が、
話題性はないでしょうけど、
余程エコに繋がり効果的だと思うのですけどねぇ。

これでは本当に、エコじゃなくてエゴだよ!

そう言えば…、
日本の多くの企業って、
遅刻等の始業時間には凄く厳しいのに、
就業時間(ダラダラ無駄残業)には凄く甘いのでしょうね?
素朴な疑問です。


●関連記事
年末年始…(クリック)
トレー回収…(クリック)



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト