FC2ブログ
2007 101234567891011121314151617181920212223242526272829302007 12

ブランドに何を求めるのか?

ルイ・ヴィトン

私はブランド物のバッグ等に興味は無いので、それらを欲しがる心理がよく解らない。何が良くてブランド物を求めるのでしょうか?

リサイクルショップや質屋などに、必用のなくなったブランド物のバッグ等が並んでます。そして、そんな質屋のショップでヴィトンのバッグがディスカウントされ、ワゴンセールのようなバーゲンセールを目にしました。
もちろん、そのワゴンスペースには沢山の女性客が群がり、ヴィトンのバッグを買い求めていました。その光景が、私には滑稽に見えてしかたなかったです。

高級なブランド商品って、気品あり、ある種の憧れだから魅力じゃないの?そして、ちょっとやそっとじゃ手が届かないから、手が届くように、自分の人間性を磨き成長した時、初めてそのブランド品が似合う人になれるのだと思う。ワゴンセールに群がるような人が、ブランド品を手にしても格好悪いだけに感じるのですが…。

ブランドに拘るけれど、それを持つ人としての、自分のブランド(人間性)に拘りが持てないのは、何だかみっともない気がしました。

ルイ・ヴィトンカラーの車

ヴィトンの柄を纏っても持つ人によって見え方も変わってくる。その商品のブランド(歴史の重み)に対して、人としての重みが備わってないと、どんなに良い物を手にしても、それは安物に感じてしまう。




にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト