FC2ブログ
2007 081234567891011121314151617181920212223242526272829302007 10

Tommy kaira ZZ 試乗記

Tommykaira ZZ

昨日、F-1ネタを書いたのですが、
実は今日のこのネタの為の前ふりで、
前ふりがあまりにも長くなってしまったので、
急遽2つに話を分けました。(^_^;)
レーシングカーのネタと言う事で、
限りなくレーシグカーに近い市販車のお話です。
o(゜▽゜ヽ)(/゜▽゜)o

Tommykaira(トミーカイラ) ZZ
非常にマニアックな車です。( ̄▽ ̄)b

普通の自動車メーカーのように、
至る所に販売店があるわけではないので、
Tommykairaというメーカーは馴染みが薄いかも知れません。
1968年に設立されたチューニングメーカーで、
日本で最初に公認チューンドカーを
商品化し販売したメーカーです。o(*^▽^*)o~♪
株式会社エム・ディレクション(クリック)
2007年8月1日社名変更。

そのTommykairaが、
初めてのオリジナル車を作ったのが、このZZという車です。
社長の冨田義一氏と副社長の解良喜久雄氏の夢が叶った
第一号車と言う事になるのです。
ZZのネーミングのエピソードは、
Tommykairaの産みの親、冨田義一氏と解良喜久雄氏が、
若い頃から目指してたオリジナルスポーツカーを
実現出来た時には二人とも「じじい」になっていたので、
ZZにしようと名付けられたのです。
ヾ(・・;)ォィォィ

Tommykaira ZZ 試乗:出発前

今から10年程前の事になるのですが、
Tommykaira ZZは1995年に発表され1997年に販売開始。
それで、この時の試乗は、
発表が開始された年の秋だったと思います。

アルミモノコックに、FRPボディをかぶせただけの、
レーシングカーそのものの作り。重量はたったの710kg。

エンジンは日産自動車のSR20DEのキャブレター仕様。
アルミのシャシーに、ツインチューブ・モノコックという、
少し前のフォーミュラカーそのものの構造をしています。
( ゜Д゜) ス、スゲー!
その走りは市販の"スポーツカー"とは明らかに異なり、
レーシングカーと言っても過言ではないです。
走行性能は過激で、兎に角、何をするにも、
ダイレクトでクイックな反応を示します。
o(^∇^o)(o^∇^)o

乗り込むとホールドの良いシートで、
屋根は無いのですが非常にタイトな感じです。
実際に動かすと、車は飛ぶような感じですね。
車が軽いので、ちょっとアクセルを踏んだだけで飛び出す感じです。

フライホイールは軽量化されクラッチは重く、
ちょっとでも油断すると、すぐにエンストしてしまいそうで、
クラッチミートには凄く気を使いました。(6 ̄  ̄)ポリポリ

Tommykaira ZZ 試乗

一般公道での試乗なので、
当然、制限速度を守っての走行となるわけですが、
私は、メーターを見る余裕が持ててなかったように思います。
ぶぅ━q( ̄(oo) ̄)p━っ!!
ハンドルの遊びは、ほとんどなく、
走行中、シフトチェンジの為に片手を離すだけで、
挙動が乱れるくらいのクイック感でした。 ふぅ(><)
当時の私の運転歴は8年ぐらいでしょうか。
そこそこ運転に自信はあったけど、
この時ばかりは運転に余裕は無かったですね。
実用的じゃないけど、凄く楽しい車ですよ。(^_^;)



完全にレーシングカーですね。
いいサウンドしてます。

Tommykaira R

こちらは、ショールームに展示してあったTommykaira R。
日産のR33型のスカイラインGT-Rを
チューニングしたコンプリートカーです。V(=^‥^=)v

ランチア・デルタ

奥にランチア・デルタもあったので、
こちらはついでに…。


●関連記事
Tommy kaira サポーターズ ミーティング2007の案内(クリック)




にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト