FC2ブログ
2007 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 08

熟練よりも若さ?…先生ゴッコしたがる未熟な大人

バスのデザイン

尾道市交通局が導入する新しいデザインの観光バスのイメージ図

新デザインは「尾道の風」
尾道市交通局は、観光バスの新しいデザインを決めた。今回初めて市立尾道大にデザインを依頼し若い感性を取り入れた。新デザインは、「尾道の風」。ライトグリーンを全面配色した上に、白線で流線形を描く。尾道水道としまなみ海道から見える穏やかな海、その上に吹く優しい風をイメージしている。9月に購入する大型と中型の計2台に塗装し9月下旬から使用する。
7月14日中国新聞朝刊より



数日前の中国新聞に取り上げられていた記事です。こういう記事を見ると、私は凄く複雑な気持ちになります。もちろん、学生さんが頑張る事に対して口出しするつもりはサラサラないです。ただ、問題を感じるのは、デザインを依頼するクライアント様の考え方です。( ̄  ̄;) うーん

猫も杓子もバカの一つ覚えのように、『若い感性を…』なんて言うのですが、では、若い感性って一体何でしょうね?そして、『若い感性』とうキーワードのみで、経験豊かで熟練された物を求めるでなく、まだ社会にも出ていない未熟さが選ばれる理由は?そこまで『若い感性』という物は優れた物なのか?
だとすれば、熟練した技は必要ないし、今、学校でデザインを学んでる人も、社会に出ればお払い箱じゃないだろうか?社会に出て活躍するデザイナーの中にも20代前半の若いデザイナーだっている。『若い感性』を求めるからと言って、学校にデザインを依頼するという事は、学生に社会に出たプロは敵わないって事になるだろう。結局、なんだかんだと理由をつけて、単にデザイン代をケチッてるだけじゃないのか?…と私は思う。未熟な学生にデザインの教材を与えてやるのだから安くしてね。という図式が見え隠れしてるような…。(ーー||||||;)

きっと、こんな事を言われるとクライアント様側は、デザイナーの卵の発掘や育成に力を貸してるんだ!と反論してくるかも知れない。しかし、私はこのような事で、デザイナーが育つとも考えられないし、むしろ、逆に潰してしまう結果に終わると思う。

尾道市では、何かにつけて、ことある毎に、市立尾道大にデザインを依頼している。プロのデザイナーに仕事を依頼しないと言う事は、学校を巣立った生徒がプロになった時、活躍する場が減ると言う事なんだよね。
将来の活躍の場を減すような事をして、卵の発掘や育成なんて言ってもサラサラ可笑しい。しかも、育成の場として学校があるのに、学校に任せないでクライアント様が出しゃばるのですから。更に学校側は、教材も用意出来ないレベルの学校なのか?とも感じてしまう。

卵の発掘や育成を考えるなら、巣立った後に活躍出来る場を整備する方が健全なやり方だと思うのだが…。若い感性ばかりを優先させ未熟な物ばかり街に溢れさせててしまうと、結局、観光のイメージも宜しくないんじゃないかなぁ~?若さばかり追い求め、熟練を無視する傾向にある日本は、未熟な者の集まりの国になってるような…。


●関連記事
タマゴ&新人の発掘及び育成(クリック)
素人に感動しプロに感動出来ない目(クリック)



にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト