FC2ブログ
2005 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 08

数字に騙されやすい日本人

つくづく感じるのですが、
日本人は数字(カタログスペック)に弱いですよね。

私もその傾向があり数字に惑わされないように
注意はしてるつもりではあるのですが…。
この数字の弱さは、
学校教育の点数評価制度の結果なのだろうか?

単純に数字を信じて疑わない…。

例えば、クルマでカタログに“最高出力200馬力”とか、
単純に性能が200馬力という数字に誤魔化されてしまう。
実際に200馬力を出すには、
エンジン回転数が4500回転以上必要だったり…。

そんな回転数は一般道路で回せないし。(^_^;)

価格にしても、単なる数字で、
安い・高いの判断をしていたり。

100円均一ショップが良い例ですよね。

単純に100円という金額のみで「安い!」って判断してたり。
でも、商品にはそれぞれに価値と言うのがあるのだけど、
その100円が妥当な商品の価値なのかどうなのか?

100円の価値のモノを100円で買うのは当たり前で安いわけではない。
でも、100円の100という数字に誤魔化されて、

勝手に安いと決めつけてる。

100円と500円の商品があったとして、

数字だけで見れば当然100円の方が安い。

しかし、これにモノの価値が加わってくると…
100円の価値のモノが100円で、
1, 000円の価値のモノが500円で…、


さぁ、どちらが安い?

お店で売られてる商品には、全てそれぞれ商品に価値があり、
その価値と金額のバランスで、
得なのかそうじゃないのかが決まるはずなのに、
何故か、100円ショップということだけで飛びついてしまう。

数字で表せられない価値に対しての意識が非常に弱すぎる。

言い換えればモノの価値が分からないという事になるでしょう。

価格競争に走るのも結局モノの価値が見出せないから。
モノの価値が分からない人達が、結果的に市場を狂わしてるのかな?


FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト