2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-艶華-Enka

中森明菜選曲演歌集-艶華-Enka

中古CD屋で中森明菜選曲演歌集-艶華-EnkaなるCDが目に留まったので、ついつい衝動買いしてしまいました。曲目は、天城越え無言坂氷雨みちづれ越冬つばめ悲しい酒舟唄石狩挽歌矢切の渡し夜桜お七の全10曲。ん〜何となく中森明菜が選びそうな感じのそれっぽい選曲ではあるが…何で中森明菜が選曲なんだ?という疑問はありますが、この選曲は私も好きかも〜。(笑)
このCDを聴いてるだけだと何故中森明菜なのか?という事は全く見えてきません。ただCDのカバーに中森明菜選曲演歌集の文字だけで、このCDに明菜は一切登場しません。CDのブックレットにも中森明菜のコメントみたいなものも一切ありません。何故、中森明菜なんだぁ〜〜〜?

-艶華-Enka

私は…「何故」という疑問が湧いてくると調べて答えを見つけなきゃ気が済まない性分なんです。疑問を解決せずモンモンとした気分だと夜も…ぐっすりなんです。毎日快眠ですわぁ〜。寝る事と答えを見つけなきゃ気が済まない性分とは別物ですから。(笑)
…っで、「中森明菜」と「演歌」を検索ワードに検索してみると呆気なく簡単に見つかっちゃった。演歌のカバーアルバムを中森明菜がリリースしてたのですね。そのアルバムタイトルが-艶華-Enkaで中森明菜自身がそのアルバムで上記「中森明菜選曲演歌集」に収録されている曲をカバーし歌ってたという事だったみたいです。そのオリジナルを集めてオムニバスCDになったのが中森明菜選曲演歌集って事でした。
こりゃぁ〜分からんわぁ。中森明菜の演歌カバーCD「-艶華-Enka」を知っている事が前提でセールスされたCDだもんね。80年代のように中森明菜が人気絶頂の頃ならこのようなセールスも効果的なんだろうけど、忘れ去られてしまったような状態でこのようなセールスしても意味不明なだけだよねぇ〜。
中森明菜には悪いが…演歌カバーCDの「-艶華-Enka」を聴いてみようとは思わないけど、中森明菜選曲演歌集-艶華-Enka私のツボな曲ばかりでもあるからGOODです。

 




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

プレス用デモカセットテープ

レコード発売前のプレス用デモカセットテープ

1993年と言えば何年前だぁ?今、2014年だから…ゲッ、21年前!もう、そんなになるのかぁ〜。…というのは写真のカセットテープの事。このカセットテープはレコード発売前のプレス用デモ版カセットテープです。雑誌等で新譜の紹介コーナーに掲載するにあたり聴いた事もない曲を「素晴らしいから是非買って聴いてみてねぇ〜。」なんて読者に言えないじゃないですか。その為、レコードの発売前に出版社へと送られて来るデモカセットテープです。
レーベルがワープロ印字というのが時代を感じますねぇ〜。てか、カセットテープというだけで時代を感じます。

レコード発売前のプレス用デモカセットテープ

カセットテープは市販の生カセットテープに録音されたものではなく、曲の時間に合わされて作られたオリジナルカセットです。当然、アルバム(LP)盤とシングル(EP)盤ではテープの長さが違います。
当時はレコードと同じ内容のカセットテープも販売されていたから、カセットテープの製品版と全く変わらないようなものですね。それにしても、私って物持ちがいいなぁ〜。(笑)


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

ワイルドスピードのオリジナルサウンドトラックCD

ワイルドスピードのオリジナルサウンドトラックCD

2001年に公開された映画「ワイルドスピード」のオリジナルサウンドトラック盤がBOOK OFFで500円だった。思わず衝動買いしてしまいました。
「ワイルドスピード」って公開されてから13年も経つんですね。13年も経てば2,548円のCDも500円になっちゃうんだなぁ〜。

そして、邦題の「ワイルドスピード(Wilde speed)」ですが、原題は「The fast and the furious」です。英語を日本語の題に変更するのなら邦題として付けられる意味も分かりますが、何故に英語から英語に変更?英語に変更するなら原題のままで良くないかい?…と個人的に思ってしまうのですが。(笑)





■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

カセットテープも中々GOODです

カセットデッキでカセットテープを聴く

カセットテープもなかなか良いもんだなぁ…。


懐かしく寺尾聡のLPレコード「Reflections」から録音したカセットテープを聴いています。上記、amazonのリンク先は同LPレコードのCD版ですけどね。(^_^;)

  

そして、その前は、ずっとユーミンのカセットテープを聴いてました。「NO SIDE」や「SURF & SNOW」と言った、ホイチョイプロダクションの映画「私をスキーに連れてって」に入れられてた挿入歌など流行りましたねぇ〜。カセットテープなので、いずれも録音は全てが20年以上も前に録音された音源です。
「私をスキーに連れてって」もビデオでは所有してるのですが…、ビデオは再生するデッキがないんだなぁ〜。その為、DVDで販売されてるみたいだからDVDも欲しいなぁ〜。

因みに10年前、CD-Rに焼いた音源は読み込みが怪しく、データが消えかかっているものもある(当Blog内リンク)のに、カセットテープは強いなぁ。デジタルで残せば半永久的なんて言われてたけど、デジタル…ダメじゃん!


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

YAZAWA It's Just Rock'n Roll

It's Just Rock'n Roll

矢沢永吉の世界発売アルバムであった「YAZAWA」に続いて2作目となる全米で発売された全曲英語のアルバムです。ドゥービー・ブラザーズ、スティーブ・ルカサーが参加している夢のアルバムです。しかし、セールスは芳しくありませんでした。

私個人的には矢沢永吉の熱狂的なファンというわけではなく、当時、パイオニアのミニコンポに起用されたCMソングの「ROCKIN' MY HEART」という曲にビビビッと刺激されて、その曲が入ってるLPを探してたら、このレコードだったわけです。中学時代に少ない小遣い貯めて買ったLPレコードですが、ラッキーな事に輸入盤だったので国内のレコードを買い求めるような価格ではありませんでした。

今もレコードは大事に残っていますが、レコードよりも気軽に聴く事の出来るCDが欲しかったので迷わず購入しました。このCDを聴いてると、30年前にタイムスリップしてしまいそうです。






■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

自分だけが知ってるという優越感

雲仙チャリティコンサート in みろくの里

1990年(平成2年)11月17日…、雲仙普賢岳は198年ぶりに噴火。まもなく活動は低下したが、1991年(平成3年)2月12日再び噴火が始まり、5月15日には水無川で最初の土石流が発生しました。溶岩ドームは5月20日に出現し、5月26日、6月3日には火砕流により死者40名、負傷者9名、行方不明者3名、家屋破壊49件の被害が発生しました。6月30日には、堆積した大量の火山灰により水無川、湯江川、土黒川で土石流発生しました。

その復興の為に、福山市のアマチュアバンドが一同に集まり、みろくの里(現遊園地が出来る前の施設)で雲仙チャリティコンサートが開催されました。当時の私はその実行委員の1人としてコンサートの準備から当日の公演まで関わりお手伝いしていました。
そして、先日、カセットテープネタのBlog記事を書いてから、久しぶりに雲仙チャリティコンサートのカセットテープを引っ張りだして10数年ぶりに聴いてみました。なつかしぃ〜〜!(爆)

忘れ物

更に…、私が社会に出て初めて勤めた会社の先輩が、1991年1月3日にインディーズでリリースしたカセットテープも出てきたので、こちらも聴いてみた!凄いね、20年前のカセットテープなのに普通に聴けるしぃ〜!

ロマンチック街道 R(ルート)313

そして、浮世ファミリーバンド(誰だソレ?)の「ロマンチック街道 R(ルート)313」のカセットテープまで出てきた。「♪薔薇の街、福山City たかはしから倉吉まで〜!」って、滅茶苦茶ローカルな曲ぅ〜!
これはシングルカセットテープでして、A面とB面で2曲しか入ってません。しかも、B面はギター演奏のインストゥルメンタルです。このカセットテープはチャリティだったのかなぁ。「売上金の一部はカブトガニ保護基金に使われます。」って書いてあるなぁ〜。

当時はアマチュア系とかプロでも知られてない人の曲にハマってたんですよね。自分だけが知ってるって事に優越感を得ていたような気が…。そのような麻疹にかかったような時期もありました。(^_^;)


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

VOWWOW『V』

VOWWOW「V」

1987年発表の4thアルバム…。
私はハッキリ言ってVOWWOWの事は良くは知りません。ヘビメタ…ヘヴィロック?ハードロック?こう言ったジャンルの曲って、賑やかしいだけで良さがよく分からないのですよ。そんな私がVOWWOWの曲を初めて聴いたのは、このアルバムの発売年と同じ1987年に開催された自動車耐久レース「LE MANS 24(ル・マン24時間レース)」テレビ中継で、とあるタイヤメーカーだったと思うのだけど、そのCM曲に「Don't Leave Me Now」という曲が使用されていて衝撃を受けてしまったんですよね。

それで、その時はVOWWOWってグループも知らなかったし「Don't Leave Me Now」が何という曲なのかも分かってませんでした。だから、レコードを手に入れる術も無くて、それで、レコード店に行って店員の前でサビの部分を鼻歌で歌って「こんな感じの曲のレコードってありませんか?」なんて聞いたりしてね。それで、店員さんが「多分、VOWWOWの『Don't Leave Me Now』じゃないかな?」って教えてくれました。

でも、私の鼻歌が正しいのかも分からなかったし、店員さんの「…じゃないかな?」という確信の無い解答に、レコードを買うという冒険には踏み込められず、一旦はその場を去ったのでした。それで、レンタルレコード店で「Don't Leave Me Now」が収録されているVOWWOWの「V」を借りてから聴いてみて、ビンゴォ〜!そんな経緯でレコードを見事ゲットしました。

しかし、レコードからCDの時代がやって来て、すっかり、VOWWOWの「V」を聴く機会が無くなっていました。時々、VOWWOWの「V」を思い出してみては聴いてみたくなり、しかし、レコードプレーヤーは壊れて久しいしって事で、聴く事が出来ずじまいです。CD化されて再販でもしてくれたらなぁ〜。なんて、ずっと思ってました。

それから待ちに待って10数年!VOWWOWの事をすっかり忘れてる時期もありましたが、先日、何気にフッと思い出し、思い出しついでにamazonで検索してみたら、なんと、ヒットしたではないか!これ、これ。ずっと欲しかったんだぁ。そんなわけで、迷わずポチッっちゃいました。そして、amazonから届き、現在、懐かしく聴いております。

現在も当時と変わらず、ヘビメタ、ハードロック系は全くと言って良いほど聴かないがこれだけは別です。恐るべき完成度を誇る楽曲だと今改めて感じます。





■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

怒りのオリジナルサウンドトラック盤

銀河鉄道999オリジナルサウンドトラック盤

映画「銀河鉄道999」と「さよなら銀河鉄道999」のオリジナルサウンドトラック盤のCDを2枚抱き合わせで購入致しました。今から約30年前…小学6年生の私は、劇場に「銀河鉄道999」を観に行きました。その帰りに、ねだってオリジナルサウンドトラック盤のLPレコードを買ってもらいました…。

そのLPレコードは、今も大事に残してあるのですが、残念ながらレコードプレーヤーが壊れて聴く事が出来なくなっています。実家にレコードを置いて来たまま現在の家に住み、いつしか、実家にあるレコードの事はすっかり忘れていました。

しかし、数日前にビデオソフトの整理してると、その中に「銀河鉄道999」と「さよなら銀河鉄道999」のビデオがあり、レコードの事を思い出して非常に聴きたくなってしまいました。しかし、先にも言いましたようにレコードプレーヤーは壊れてて聴く事は出来ず、それならばCDを手に入れようとアマゾンで調べてみると、リーズナブルな価格で販売されてるじゃないですかぁ。

銀河鉄道999オリジナルサウンドトラック盤抱き合わせ購入ボタン

速攻で「さよなら銀河鉄道999」と抱き合わせで注文しました。LPレコードを持ってるのでサイトの詳細を見る事もなく、何も考えず「両方カートに入れる」のボタンをポチッ!…そして、CDは私の元へ届きました。早速、「銀河鉄道999」から聴き始め、あの頃の記憶が再び蘇ってきました。映画を無視してオーケストラの曲として聴いてても良い!いつの時代も色褪せる事の無いメロディですね。

「銀河鉄道999」を聴き終わり、続けて「さよなら銀河鉄道999」へと突入しました。へぇ~、レコードは2枚組だったけど、CDになると1枚で収まるんだ!…なんて思いながら、懐かしんで聴いてると、あれ?何か変!曲が飛んでる…。レコードを何度もくりかえし聴いてたので、年数が経ってても耳が覚えてるのですね。あれ?あれれ?またまた、飛んでる…。そして、この時初めて買ったCDのブックレットを確認しました。『当時リリースされたサウンドトラック・アルバムからセレクト収録』なんて記載されてるじゃないですか…。ウラァ~~!なめてんのかぁ~!

このCDはリーズナブルな1,200円シリーズとしてリリースされてるみたいで、1枚のCDに収録しきれないので、4曲程カットされ無理矢理1枚に収められてるようです。くはぁ~~、曲が全部収録されてないと知ってたら買わなかったよ…。購入する時に詳細を見ないからだ!なんて言われるかも知れませんが、LPレコードを持ってるし、それと同じタイトルで同じジャケットデザインだから、まさか、曲数がカットされてるなんて思わないじゃないですか…。

普通に収録すると2枚組となり1,200円シリーズでは対応出来なくなるから、曲数をカットして無理矢理シリーズに仲間入りにしてみました。って事でしょうが、CDを買い求める人は、そんな下らないシリーズには拘ってないよ。お客(ファン)が拘ってるのは、あくまでも『オリジナルに忠実に!』だよ。1,200円シリーズは売り手の勝手な拘りじゃないか。正直なところ、別に1,200円じゃなくても、オリジナルの2枚組で2,000円或いは2,500円だとしても、当時のLPレコードの価格より安くリーズナブルになってたら、1,200円シリーズの仲間に入れてても文句言わないよ!むしろ、そうされた完全オリジナルを買い求めるよ!

おそらく、私はまた後日、オリジナルの2枚組完全収録版のCDを買い求めるでしょう。そして、今回買ったCDは完全なゴミとなるでしょう。中途半端な物はゴミとなり環境にもよろしくないんだなぁ~。

CDが売れなくなったなんてCD業界では言ってるようだけど、こんなにお客様をバカにしたようなCDを作って販売してたら、そりゃお客様はCD離れに繋がるよ…。以前、CDが売れなくなった原因?(当Blog内リンク)という記事を書きましたけど、ホントにCD業界ってお客様をバカにしてるような気がしてなりません?








Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

上松美香Best Arco iris~虹~

上松美香ベスト Arco iris

昨年5月に発売された、アルパ奏者、上松美香の「上松美香ベスト Arco iris ~虹~」初回限定版です。初回限定版と通常版でジャケットの写真が違うのですね。通常版は横顔となってるみたいです。やっぱり同じ買うなら、通常版よりボーナストラックが3曲も多く収録された限定盤でなきゃね。…って、まだ限定盤って手に入るのかな?…ってアマゾンで確認したら、まだ買えそうですね。販売開始から1年が経っても限定盤が残ってるなんて…、日本ってJ-POP以外はほとんど聴かれていない幼稚な音楽後進国って事を認めざるを得ないですね。

アルパ(盾琴)というハープの小型版の楽器は、ポロン、ポロンって優しい可愛らしい感じの楽器だと思ってたら、思ったよりも情熱的で想像もつかない力強さを秘めた楽器なのですね。聴いて驚いてしまいました。曲を聴いた感じではラテン系の音楽といった印象を受けたのですが、私の中でのラテン系と言ったらラテン・アメリカを想像してしまうのですが、どちらかというとアメリカではなく、ヨーロッパ…地中海の街並が浮かんできました。それで、ラテン・アメリカをちょっと調べてみたら、「中南米で、スペイン・ポルトガル等の文化を背景とする国々の総称」とありました。

なるほどなぁ~。ラテン系(中南米)を思い描きながら地中海の街並が想像出来たのかぁ。地中海の青い海に白壁の街並…。そんな風が薫る音楽という私の印象でした。CDのタイトルには「虹」とつけられてますが、私の思い描いた上松美香の奏でるアルパの世界は七色ではなく「白」一色でした。しかし、純白ってわけでもなく白の中に情熱さが秘められてる白…。情熱的な白って一体どんな色なんだ?

 




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

マイケル・ジャクソンのCD「THIS IS IT」

マイケル・ジャクソンのCD「THIS IS IT」

先日、マイケル・ジャクソンの映画「THIS IS IT」を観て、すぐに音源が欲しくなり密林サイトで注文した初回限定盤のCD「THIS IS IT」が届きました。

参照:THIS IS IT ~マイケル・ジャクソン~(当Blog内リンク)

このCDも映画の公開と同時に発売されたCDだったのですね。知らなかったなぁ~。映画は公開前から気にはなってたのですが、CDは正直ノーマークでした。

このCDは、昔のレコードジャケット風でCDを取り出すのも通常のCDと違って趣を感じます。これからCDを聴くぞと言う神聖な気持ちにさせられますね。そう、レコードを取り出すような、あの感覚です。

ただ、このCDを車で聴くとなると手軽に取り出せないので勝手が悪いですね。最新のカーコンポはCDの音源を記憶させCDが無くとも音楽を聴く事が出来るようになってるみたいですが、従来のカーコンポだと、このCDを取り出してたら運転が疎かになり危険極まりないです。だから、カーコンポで聴く為にDD-Rに焼いて持ち歩かないとダメっぽいですね。コピープロテクトのかかったCDじゃなくて良かったよ。

そして、ちょっとガッカリしたのは、CDは単なるベストアルバム的な印象ですね。昔のCDからの音源のかき集めで、映画に便乗して売っちゃおう的なレコード会社の思惑が感じられます。映画のサントラ盤だったら良かったのに…。限定版という事で焦って飛びついたけど、昔のCDからの音源のかき集めと知ってたら、輸入盤が良かったかも。国内の初回限定盤と同じ内容で2,000円ちょっとですからねぇ。



 
            ↑こっちを
             買えば良かったかも。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。