FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

簡単に隠れる恐ろしさ

自動車学校勤務の言い分

自動車学校勤務の俺がAT叩きしてる奴らに現実を教えてやる/まとめモータース(外部リンク)
自動車学校勤務の俺がAT叩きしてる奴らに現実を教えてやるって言ってるけど、自動車学校勤務って事は教官なのかな?教官だとしたら、ここまでMTの事を批判する意味が理解出来ません。だってMT免許が欲しいと思う受講者がいれば受講者の望む指導をしなければならないわけでMTだろうがATだろうが共に教える事が自動車学校の使命でありATのみに肩入れするっていう姿勢も変な話です。…というわけで、私はこの教官がMT車を教える技量が無いのでこんな事を言ってるのではないかと推測してしまいました。

ところで、自動車学校の教官はどれだけ運転技術に優れてるのでしょうか?これは私の純粋で素朴な疑問です。
それこそ、この人が言うように現在の日本は車の90%以上をAT車がしめるAT車社会です。おそらく、この教官の言い分からこの方のマイカーもAT車じゃないかと思われます。更に、教習中は受講生の運転する助手席に座り指示を出す程度でしょ?仕事で1日中車と向き合ってるけど自分が運転する時ってほんの僅かな時間でしょう。その僅かな時間の中で更にMT車と接する時間て…って考えると、MT車が下手くそな教官が居たとしても不思議じゃないです。むしろ、その方が当然な事のようにも思えます。

他の職業ドライバーで毎日ハンドル握ってる人とヤッパリ…。しかし、教官という立ち場から下手だって周囲からは思われてないわけで、きっとその狭間でもがいてるのかも知れませんねぇ。(-ω-;)
MT車を否定し拒否する事で自分が教官としての威厳が保たれるというか…そんなジレンマが垣間見れるような…。

だけどね、私は現在毎日MT車とAT車の両方を運転してますけど、AT車っていうのは怖いなぁ〜って思いますよ。AT車は「クラッチが無いから簡単」って言うけど、AT車っていうのは常に動力がつながっているから恐ろしい存在ですよ。ホント。
よくニュースで知らされる事故の「ブレーキとアクセルの踏み間違い」で大惨事になるのも動力を切る事が出来ないからというのが大きな理由じゃないかな?
MT車なら強くブレーキを踏む場合はエンストを防ぐ為に同時にクラッチベダルを踏んで動力を切る事もセットの操作となります。例え、MT車でアクセルとブレーキを踏み間違えが起こったとしてもクラッチベダルを踏み込み動力を切る事がセットとなる為にエンジンが唸りをあげても飛び出す事はありません。現実的にはクラッチペダルを踏み込むのでそれが左足の基準となり、そこからの距離を体が把握してるからMT車でペダルの踏み間違えはまずありません。

また、車庫入れ等で家の敷地と道路との境に少しの段差があるような場所では慎重に段差を乗り越えなきゃならないですよね。慎重に捜査する事はMT車もAT車も同じ事なのですが、操作としては半クラッチを利用し動力を調整出来る分MT車の方が楽です。AT車の場合はクリープ現象ではパワーが足らず超えられない段差を越える場合、パワーを得る為に余分なアクセル量を踏み込まなければなりません。しかも、動力がまともにつながっている状態でその操作を必要とします。その為に段差を越えた瞬間にすかさずアクセルを抜かなければ勢い余ってドッカンとぶつかってしまいます。こういう場合の操作でAT車はMT車以上に気を使います。

このような動力が常につながっている事の恐ろしさをAT車にしか乗った事の無い人は感じていないように思います。危険な事を危険と感じてないのです。それでいて簡単と思い込んでいる。そこがAT車の一番恐ろしいところじゃないかなぁ?なんて、毎日両方を運転する私は感じています。

ホント、AT車はなんだかんだと気を使いますよ。きっとAT車にしか乗った事のない人は「MT車はクラッチ操作があるから気を使う事が多い」って言いそうだけど、MT車で気を使う部分っていうのは技術を習得して慣れるまでですが、AT車の気を使う部分は技術の向上関係なく常に気を使い続けてないとダメだから、私はAT車に乗る方が数倍疲れます。

こういう事を知った上で、教官という教える仕事に役立ててくれれば良いのですが…、少なくとも私はこのような教官から教わりたいとは思わないし、教しえてもらった受講生は可哀想だと思いますね。


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

安全の押し売り

横滑り防止装置は何処まで必要か?

もはや必需品?横滑り防止装置はどれくらい必要か?
CarMe 更新日:2015/10/02)


まだまだ世の中の車がMT車ばかりだった頃、クラッチ操作が難しく「坂道発進で下がるかも知れない」「スタート時にエンストするかも知れない」等と不安を抱く人は多かったかも知れないけれど、実際に坂道で下がって後ろの車にぶつけてしまったとかスタートで失敗してエンストしてしまい後ろの車に追突されちゃったっていう人はどのくらい居たのだろうか?社会問題になるほどいたのかな?…っていう疑問。

現在は街行く車の90%以上がクラッチ操作が必要なくなったAT車で、MT車のように不安を抱く人は少なくなった(MT車よりも安全な操作が出来る世の中になった)と思うけど、アクセルを踏み間違えて飛び出してしまうという事故(ミス)はよく聞きますよね。

クラッチ操作が必要なMT車だと踏み間違えてもクラッチを繋がない限り飛び出す事はありませんし、スタート時に「アッ」と思っても、足はまだクラッチペダルに残ってるからクラッチを踏み込めば、とりあえず動力が伝わる事は抑えられて飛び出す事はありません。

1つの不安を取り除く為に与えられた機能の為に今まで無かった1つの事故が増える。それを補う為にどんどん新たな安全装置が生まれてるような気がします。更にその安全装置の為に今まで無かった事故が起こり、その対策で次なる安全装置を開発する。まるでいたちごっこだなと感じます。

その「いたちごっこ」の為にユーザーは安全装置の装備等で高額になり過ぎた車を買い求めなくてはならなくなった。…という気がしてなりません。
高くても本当に安全が手に入るなら良いけど、そうじゃないなら、今まで通りで安く買い求められる方が良い。…と、まぁ、個人的にはこんな風に思ってるわけです。

するとね、ある方がその安全装置のお陰で「懐が深くなったと考えるべき」と私にアドバイスされたのですが、一体、何をどう考えて懐が深くなるのか私には凄く疑問なのです。

無茶…人が「無茶」をするのは、自分の限度を知らないからだと思う。限界を越えない範囲なら、それは無茶とは言われない。もしも自動車の進化が自動ブレーキや自動運転の方向へと進むなら、きっと路上には加減のわからない「無茶な人」が増えるだろう。ひとつの悲劇が減り、ひとつの悲劇が起こる。「安全」が安全とは、「便利」が便利とはかぎらない。解決してくれるのは、テクノロジーではない。大切なことは、限界を明らかにすること。進化は、その先にあると思う。


↑私はこの言葉に共感しています。
『1つの不安を取り除く為に与えられた機能の為に今まで無かった1つの事故が増える。』という事と一致してます。
限度を知らなかったら、新たな機能で「懐が深くなった」としても、その深くなった先にまで簡単に飛び込んで行くのです。

うちの母親のケースですが、以前、普通車に乗っててよく車を壁に擦ったり、当てたりしてボコボコでした。母曰く、「車が大きいから当ててしまう。軽自動車みたいに小さければぶつけない。」って言ってました。でも、その後軽自動車に乗り換え、更に車庫の間口を広げても、次第に車はボコボコになっていきました。小さくなったらなったで、余裕をもって止めりゃ良いのに、結局、寄り過ぎたりして余裕のあった分ギリギリまで入り込んじゃうのですよ。道具に頼りきった結果と言うのはそう言うもんです。懐が深くなりゃ深い所まで行ってしまい結局余裕をなくしてしまう。限度を知らない人が操るとそう言う事になる。逆に、限度を知る人にそういう装置は必要なのか?ってね。

懐が深いとか浅いとか、それは基準点があるから言える事で、懐が深くなった状態が常となった人はそれが基準点となって余裕なんかなくなってしまいます。便利と感じる事が出来るのは不便を知るから便利なのです。安全な対処が出来る人は危険を知るから安全な対処が出来るのです。危険から遠ざけてるだけでは、いつまで経っても危険が分からず知らずに危険の領域に入ってしまう事だってあるのです。その時が既に安全装置の懐の限界点に居たら…そして、安全装置があるからと安心してたら…。

てなわけで、私は機械に頼りきった安全はないと思うし、懐が深くなったと考える事も出来ないわけです。それよりも、私はその方の言った「懐が深くなったと考えるべき」という押しつけ的な事が気になります。
実際は懐が深くなってはないけど「深くなったと思い込みましょう」的なまやかしなのか?(笑)

必要な人には必要な装置なのかも知れないが、私にはどうでもいい装置です。そんな装置を付ける為にコストアップで値段が上がるくらいなら無い方が良い。つまり、私には無駄な装置です。でも、標準装備だと要らないものを買わされる事になる。まるで押し売り!頼むからオプション設定であってくれと願いたい。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

未熟を棚に上げて安全を語るな


【恐怖】MT車でエンジン始動に失敗するとクルマが突然走り出す…!?
マニュアルトランスミッション搭載車 (MT車) でエンジンを掛ける時に、ある操作ミスをしてしまうと突然車が走り出してしまう可能性がある事をご存知だろうか。
いくら運転に慣れているベテランドライバーでも、うっかりミスでやってしまう事は多いに考えられるので、是非知識として入れておいておくと良いだろう。

上記動画の事例… 本当にやってしまいます。筆者もMT車運転中に狭い駐車場でうっかりやってしまい、危うく前方の車両に衝突しそうになった経験があるので全く他人事ではないです。
映像の車両はクラッチスタートシステムが付いていませんね。

※クラッチスタートシステムとは、エンジン始動前にクラッチを床までしっかり踏み込み、クラッチをエンジンから切り離した状態でないと、スターターが動作せずエンジンを始動する事が出来ないロック機構の事。

日本では1999年(平成11年)7月からトラック等の一部の例外を除いて新車MT車への取り付けが義務付けられている。


ちなみに、例えクラッチスタートシステムが付いていても同様のミスは発生します。何故かと言うと、1速にシフトが入っている状態でクラッチを踏んでエンジンを始動し、頭の中ではNポジションだと思い込んでいるので勢い良くクラッチを話して車が「ガクッと!!」と前に進んでしまうから。
駆動力が足りずにエンストする確立の方が高いのだが車種によってはそのまま発進してしまう可能性はあるので、エンジン始動後にシフトがNポジションである事を確認して、パーキングブレーキを解除する方が、より安全だと思います。

オートマチックトランスミッション搭載の車(ATやCVT車)はシフトレンジをPもしくはNにしていないと、エンジンは始動出来ない機構になっている。
AT車でやってしまうミスの事例は、実はシフトがDレンジなのに、ギアがバック(Rレンジ)に入っていると勘違いして、勢い良くアクセルを踏み込んでコンビニへ豪快に突っ込むという様な、にわかには信じ難い事例が多く発生しているので注意が必要だ。

このクラッチスタートシステムが煩わしくて、わざわざキャンセルするドライバーも多くいるようだが、このような事故が多く発生してしまった為に付けられている安全装置である為、それを解除するのは事故原因を1つ増やしてしまう事になるような…。
もし、これからクラッチスタートシステムを承知で解除しようと思う方は自己責任で、そしてご安全に!

(5arage 乗り物やテクノロジー、気になる情報を発進 2015.3.16)


いやぁ〜、日本の道路を走る車の90%以上はAT車ですから「AT車に乗ってた人が何年かぶりにMT車に乗ったら…。」という事例の話ですね。
普段からMT車に乗ってる人はこんな間抜けなミスはないです。そもそも「エンジン始動に失敗すると」ではなく「クラッチを切らずにエンジンを始動させると」と言えばいいだけの事であって成功とか失敗っていう問題ではないと思うんだけれどもなぁ。なんだか、この記者はMT車に悪意を持って記事を書いてるような…。
最後の「もし、これからクラッチスタートシステムを承知で解除しようと思う方は自己責任で、そしてご安全に!」という、嫌みな言い回しに怒りすら覚えます。

この間抜けな事例の為に、クラッチスタートシステムなんていう過保護機能を設けられ、これまでのMT車の特権であったセルを回して車を移動させる脱出テクニクである危険回避行為が使えなくなった。安全を考える上でどっちが命に関わる重大な事故につながるのか?

更に言わせてもらうと、世界で考えればAT車が普及してるのはアメリカと日本くらいのガラパゴス文化です。それ以外はほとんどの国でMT車が普及しています。AT車が世界で広がらないのは、やはりいろんな面でMT車に軍配が上がるからでしょう。

AT車しか乗れない人やAT車しか乗った事のない人はMT車が難しく危険な乗物のように感じるのかも知れませんが、MT車を体の一部のように扱えるようになった側から言わせてもらうとAT車が危険とか言う感覚ではなく単純に操る操作で意のままに操れないジレンマと戦う事になるのです。AT車でスタートしようとアクセルを踏んでもスタートまでにかかるAT車故の僅かなタイムラグ…。エンジンブレーキが欲しいと思ってアクセルを抜いてもAT車故のエンジンブレーキの効かなさ…。
こういうの事はMT車に乗り馴れてないと分からない事だと思います。

だから、MT車に乗ってる人は、AT車よりもMT車だと声を上げる人が多いのです。AT車に乗ってる人がMT車よりAT車が良いという理由とは次元が全く違うように思います。
上記引用記事の事例はAT車に乗ってる人がMT車に乗れない(満足にMT車を操れない未熟さ)からMT車の事を悪く書いた稚拙な記事に感じてなりません。そんな稚拙なレベルで安全を語らないで欲しいですね。

ちなみに、私がずっとMT車に乗って来て、何十年ぶりかにAT車に乗った時の失敗事例は、信号待ちでPレンジに入れてサイドブレーキを引いて青信号になるのを待ってた時、青に変わってスタートさせる為にDレンジに入れようとしたらシフトロック機能でPからシフトがDレンジに入らなくなってパニックになった事があります。
フットブレーキペダルを踏まなきゃシフトロックの解除にならない事を知らなかったから交差点で立ち往生ですよ。サイドブレーキをかけてるからフットブレーキなんか踏む必要なんてないじゃないですか。Dレンジに入れてサイドブレーキを解除しようと思ってたのにシフトが動かないからAT車ってなんて危険な乗物なんだって思いましたよ。(笑)

MT車のエンジン始動の失敗事例は熟練度によるもので、私がAT車で失敗したシフトロックの例と何ら変わりませんよ。だけど、私はこれがAT車だから危険だって思ってないです。不慣れな事によって失敗する事はどんな安全なものにも付きものですから。事実、それ以降はその失敗を教訓に学習し2度と同じ失敗はしてません。学習すりゃ良いのです。

でも、クラッチスタートシステムが原因でセルを回して車を移動させるという危険回避が出来ない事は学習云々ではありませんからね。稚拙故に分かりやすい危険にしか目が届かず、隠れた危険に気が付いてない事も多いのではないかな?って私は思うのですが…。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

何処からダメなのか曖昧なルールの取り締まり

自転車ルールを解説 歩行者にベルを鳴らすことや傘さすのはNG(外部リンク)-ライブドアニュース
1日に改正道路交通法が施行され、取り締まりが強化された自転車ルール
ベルを歩行者に鳴らして、後ろから追い抜くことは、ルール違反となる
なお、傘をさして運転することは、「安全運転義務違反」になってしまう。
(※女性セブン2015年6月18日)


自動車でもクラクションを無闇にならす事は違反ですから当然自転車のベルもクラクションに値しますから同じ違反が適用されます。自転車は軽車両でありますが基本的には車両と同ルールが適用されます。改正された道交法が施行されたと言っても自転車のルールは以前から変わっておらず取り締まり強化されただけに過ぎません。

しかし、取り締まりが強化された事で理不尽な取り締まりが横行してるのも事実です。自転車は免許証が必要なく年齢関係なく誰もが乗る事が出来ます。では補助輪が外れたばかりの小さな子供からお年寄りまで誰もがルールを理解して自転車に乗っているかと言えば…、今までがルールを放置してたわけですから一般的には知られていないのが現状です。
取り締まりを強化する前にルールを浸透させる努力をして来たのか?という最も疑問に感じる事もありますが、取り締まり強化で実際の現場で起こる理不尽な取り締まり…。

例えば、交差点の赤信号で停止線を超えて止まっていたから信号無視が適用されてしまったという事例。
このような事は、車でも停止線を超えて止まってる車は多いです。しかし、自転車での取り締まり強化だから、停止線を超えて止まってた車に信号無視のキップを切ったなんて聞いた事もないような事までの取り締まり…。厳密に言えば信号無視に当たるのですが、自転車の強化された取り締まりだから急に厳しく取り締まってるという感は否めません。

だったら、赤信号に変わる前の黄信号で停止線を超えて交差点内に進入してしまったので、【赤信号に変わってしまったけど安全を確認して速やかに交差点内から脱出しました】と更に信号無視して交差点を渡り切るのは道交法のルール上はアリだから当然自転車でもアリなんだなぁ。(笑)

そういうところまで考えての自転車の取り締まり強化なのでしょうか?


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

優先道路

優先道路の標識

毎日毎日、ほぼ1日中仕事で車に乗ってると、必ず1日に数回出会うのが優先道路のルールを理解出来ていないドライバーです。

交差点で同じ幅の道路だと左側から来る車が優先とか、点滅信号機のある交差点では「赤点滅は一旦停止」「黄点滅は徐行」従って黄点滅の方が優先。広い道と狭い道の交差点では広い道の方が優先とか…ね。そう言う優先のルールがあるじゃないですか。勿論、優先だからと言って、安全もろくに確認せず通行するのはもってのほかですけど、優先道路としてルールが設けられているという事は安全の為に理由があるのです。

でも、それを無視して「相手を先に行かせれば安全」と優先道路であるにも関わらず止まって、優先じゃない方を先に行かせようとするドライバー。もちろん、安全の為に一旦停止するのは悪い事じゃないです。一旦停止した後にそのまま行ってくれれば問題無しなのに、そこで優先でない方の車を先に行かせようと、ずっと止まったままでいるのは正直勘弁して欲しいです。

特に女性ドライバーや高齢者ドライバーに多いですね。共に共通してると思われるのが運転に自信がないという事なのかも知れませんが…。その為に、いつも交差点でお見合いになってます。コッチは相手側が優先だから通り過ぎるのを待ってるわけですから行ってくれないと身動きが取れず困ってしまう。優先じゃないけど行かせてくれるのかな?と思って行こうとすると、相手もコッチがなかなか行かないものだから痺れを切らして動いたりして、ブレーキの踏み合い&再び譲り合い、最悪はぶつかっちゃうという結末に…。これって凄く危険なんですよね。Thank you事故の原因になっちゃうのです。

優先道路って言うのは、そういう事故を未然に防ぐ為に設けられたらルールでもあるのです。「自分が動かないで相手を先に行かせれば良い。」一見、凄く謙虚で安全な感じがするのですが、それは勝手な安全の思い込みでしかない。優先道路じゃない方のドライバーは混乱するだけで、動きだすタイミングを失ってしまうのです。

中には優先道路と言う概念すら無い人もいるようにも感じます。これは自動車学校の指導にも問題があるんじゃないかなと感じてなりません。免許証を取得する際の試験等、敢えて難しくしようとしてるのか言葉の細工で変に反対の意味になるように勘違いさせようとしてるとかで正しいルール(答え)が記憶に残りにくいですよね。
小学校等の試験でそういう言葉の細工がしてあるのは「文章を読み解く力をつける」という教育の名目上で納得が出来ますが、免許を取得する国家試験などにその必要はあるのか?と凄く疑問です。単純に規則や法則を教えれば良いだけの事なのに、言葉の細工でウッカリしてると間違った方向に誘導される問題とかいらないでしょ〜。だから、免許取ってからも本当のルールが曖昧なままだったりするんじゃないかと思ってみたり…。


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

■まれ…

止まれ?

命令されても、私にはなんて読むのか分かりませんし、命令の説得力がないと思うんだけど。(笑)

止?

この表示を無視して捕まった場合「なんて読むのか分からなかったから、そのまま素通りしました。」という言い訳は通用するだろうか?
私には勇気がないのでそんな無謀な事は出来ませんが、誰か一度やってみて。…なんちって。


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

難しく無理な事をするから苦手になる

車の運転で自信がないテクTop10
現在、日本人の殆どが自動車の運転免許証を持っているといわれます。でも、免許証を持っているからといって、その全員が毎日車を運転しているわけではありません。中には全くのペーパードライバーだったり、休みの日にしか運転しないといった人もいらっしゃるでしょう。つまり運転技術の習熟度は人それぞれです。そこで今回は運転技術について聞いてみました。
読者636人に「車の運転技術で、あなたが自信のないものを教えてください(複数回答可)」というアンケートを行いました。

●免許を持っていない……70人(11.0%)
このように、免許がないという人は70人でしたので、自動車の運転免許証を持っている人は89.0%となります。ほぼ9割の人が運転免許証を持っている時代なのですね。「自信のないという運転技術」を集計すると下のようになりました。

■車の運転で自信のない技術 Top10

第1位 縦列駐車……220人(38.9%)
第2位 車庫入れ……192人(33.9%)
第3位 駐車……127人(22.4%)
第4位 合流……81人(14.3%)
第5位 高速道路走行……67人(11.8%)
同5位 夜間走行……67人(11.8%)
第7位 S字……54人(9.5%)
第8位 後進……52人(9.2%)
第9位 クランク……47人(8.3%)
第10位 坂道発進……38人(6.7%)
その他(フリー記入)……12人(2.1%)

●運転全般に自信がない……116人(20.4%)
●自信がないものはない……58人(10.2%)
最も苦手な人が多いのは「縦列駐車」のようです。また、2位に「車庫入れ」、3位に「駐車」が入っていますので、車を駐車する時に苦労する人が多い事が分かります。街中でたまにどうしても駐車スぺースに入れられないで困っている人を見かけますよね。 4位は「合流」。これが苦手な人、確かにいらっしゃいます。5位には高速道路走行が入りました。スピードを出していますから、くれぐれも事故を起こさないようにお願いしたいところです。

■運転全般に自信がない!
上記のように、自動車教習所で教わる「テク」をまだ自分のものとしていない人がけっこういらっしゃるようです。「運転全般に自信がない」という人が20.4%、約2割ですから、これは多いのではないでしょうか。

この回答をした人の中には……。
●免許は取れたけど、講師にできるだけ運転しない方がいいよと言われた。(25歳女性/不動産/事務系専門職)
●アクセルとブレーキを教習所時代から間違えていたので。(33歳女性/商社・卸/その他)
●空間的な把握が苦手なので車の動きの想像がしづらい。(29歳男性/医療・福祉/専門職)
こういう方々が運転技術に習熟する為にはどのような方法があるのでしょう。やはり実際に乗って経験を深めていくしかないのでしょうか。

■車の運転には自信がある!
その一方で「自信がないものはない」と回答した人が約10%いらっしゃいました。この回答をした人のご意見を紹介します。

●仕事でも運転するので、自信がないものはなくなった。(28歳男性/食品・飲料/営業職)
●社会人になってから再び教習所に通い直したから。(29歳女性/医療・福祉/専門職)
●運転のプロだから!(50歳男性/電機/その他)
●運送業を昔していたから運転は上手ですよ。(53歳女性/医療・福祉/その他)

上手な人の意見を見ると、やはり場数を踏むことが大事なように思えますね。 中にはこのような意見も。
●自信がないなら乗らないでほしい。(27歳男性/情報・IT/技術職)
でも自分の運転技術を過信しないでください! 自信を持ち過ぎるのも危険でしょうから。いかがだったでしょうか?自分の運転技術に不安を持っている人がけっこういらっしゃることが分かりましたね。あなたは、車の運転技術で苦手なものはありますか?

※マイナビウーマン調べ。
(2014年12月にWebアンケート。有効回答数636件。19歳〜77歳の社会人男女)(高橋モータース@dcp)(2015年01月25日 13:42 マイナビウーマン)


うん、やっぱり場数以外の何ものでもないでしょうね。但し、「免許は取れたけど、講師にできるだけ運転しない方がいいよと言われた。」「アクセルとブレーキを教習所時代から間違えていたので。」というような方は、「自信がないなら乗らないでほしい。」という意見よりも、何故、免許証が与えられたのか?と言う事の方が疑問です。安全に関わる事ですから「運転できる」という事は最低限の技術として習得して頂きたいと思うのだが…。更に、交通事故等不測の事態に備えて的確に対処出来る能力とでも言いますか、それが備わって初めて免許証を交付して頂きたいと思うのだが…。

多くの自動車免許証を取得してる人って、本当に出来て当たり前の基本中の基本である車を動かせる事だけで免許証が与えられてるのですよ。だから、逆に怖いのなんのって…。
エンストしにくいはずのAT車でエンストさせてパニックになる人やAT車なのに坂道発進が出来ない人等実際に遭遇して一体日本の免許証制度ってどうなんてるんだ?とその在り方に疑問を感じてしまいました。

そう言えば、最近漠然と思ってた事があるのですが、バブル期まで教習車の車種に拘って一時期は教習車にBMWだのベンツだのという時代がありました。私が通った自動車学校ではマツダのカペラが教習車でした。
しかし、最近では何処の自動車学校も、トヨタのクラウンコンフォートであったり、ニッサンのクルーであったりとタクシーの為に開発された車種ばかりです。
今の時代、そういう車でなければ教習車に使えるベース車両が無いと言う事なのでしょうね。つまり、一般の車両はAT車ばかりでMT車が無くなってしまった事を意味してると思います。現在では営業車やタクシーですらAT車ばかりとなってます。ますます、自動車教習の環境も悪くなっちゃうのでしょうね。

それにしても、自信のない技術で堂々の1位に輝いた「縦列駐車」ですが、分かる気がします。縦列駐車って免許を取得してから、本当に数えるくらいしかして事ないような気がします。「縦列駐車」をしなきゃならない場面になかなか遭遇しません。そうなると、場数を踏む事が出来ないので苦手という人が多いのでしょうね。しかし、2位、3位の「車庫入れ」「駐車」は出来て頂戴な。
買い物に行けば必ず駐車しなきゃならないでしょう?本当に大型のショッピングセンター等多くの人が集まる場所に行くと駐車が下手な人だらけで怖くなります。買い物を終えて自分の車に戻ると凹みぃ〜なんて事があるかも知れません。いや、実際に某ファミレスの駐車場で当て逃げにあった事もありますし…。それ以来、私は必ず下手な人が嫌う場所に車を止めるように心掛けてます。下手な人が嫌う場所というのは、駐車するのに難しい場所であったり、それ故に多い時でも空いてる確立が高いですから私にとっては一石二鳥です。運転に苦手がなくても、それなりに気を使ってるんですよ。(笑)
そして、第4位の「合流」が苦手な人は…、子供の頃に長縄跳びが苦手だった人でしょう?縄跳びの中に入る時に必ず引っかかって流れを止める人がいましたもんね。(笑)
「合流」が苦手な人を見ると、ついついそんな事を思ってしまいます。そして、そういう人の殆どが本線を走る車と自分の車の速度に差をつくっちゃうんです。怖いからゆっくりしたスピードで合流しようとするのでしょうね。ハッキリ言います。本線を走る車と速度差が出来ると私も怖いです。
本線が50km/hで走行してたら、合流する自分も出来るだけ50km/hに近付けて合流します。そうする事で相対速度が限りなく0km/hに近付けます。相対速度が大きければ大きい程合流は怖いし危険です。縄跳びなら引っかかったぁ〜で笑って済ませられますけど、合流で引っかかったぁ〜は事故を意味しますからねぇ。(汗)
その他、S字やクランクは車幅感覚だね。特に直線道路に比べてカーブでは同じ道幅でも遠近感で道幅が狭く感じますから、ついつい内側を通り過ぎる傾向にあるんだよね。二車線道路でのカーブでは十分に車幅がある道路にも関わらずセンターラインを割ってくる対向車も多いですから。

運転に苦手意識の無いドライバーは無意識にいろんな事を考えて運転してるものです。そして、絶対に無理はしてないです。下手な人程、難しく無理な事をしようとしてる人が多いですよ。
例えば、駐車…。バックが苦手だから頭から入れる。でも、出る時はバックで出なきゃならないのです。先にバックするか後でバックするかの違いだけで、結局はどうしてもバックしなきゃならないのですよ。
同じバックするならどちらが楽かを考えると最初にバックする方が圧倒的に楽なのです。バック駐車する時は自分の駐車したいスペースを入る時に見ます。同時に安全確認が出来てるんですよ。安全の確認が取れてる所にバックするのは気が楽です。
でも、頭から駐車してたら出る時にバックしなきゃなりません。買い物の荷物を車に積み込み、車に乗ってエンジンを始動して…、その間に、後ろの状況は刻々と変わってます。更に、両サイドの車が邪魔で後方確認が難しい状態です。しかも、最近の車はミニバンなど運転席が最前列にありますから、尚更後方の確認が取り難いです。そんな難しい状況の中でバックするなんて私は嫌です。でも、駐車が苦手という人は殆どの人が難しい状況を選んでるのです。そりゃ、誰でもが苦手になるわぁなぁ。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

たのむけぇ確認しようやぁ~

交差点の図

私に向かってニッコリ会釈はいいから左側を確認してくれぇ。
郵便小包配達中に交差点で赤信号にかかりました。先頭車両から10番目くらいだったかなぁ。丁度、私が止まる地点で左側に路地がありました。その路地から車が出てきそうな予感がしたので、私は路地から車が出られるだけのスペースを開けて待ってました。
すると、案の定、路地から車が出てきました。ドライバーはおばはんです。道を開けてる私に対して嬉しそうに満面の笑みで会釈して出て行くではありませんか。…そう、左側の確認もしないままに

対抗車線は赤信号で止まってるとは言え、青信号側からの右左折車がジャンジャン流れて来ます。こっちはおばはんの様子を見てて「Thank you事故」を起こしやしないかとヒヤヒヤものです。事故を起こされたら道を開けてあげた私も良い気がしないじゃないですか。私が道を空けたが為に事故を起こすわけですからねぇ。
そうなってしまうと、文句を言われて悪人になっても、道を開けないで詰めてた方が良いのでは?と思ってしまう。


更に、左見て…車が来ていない。右見て…車がジャンジャン来てる。早く途切れないかなぁ~。よし、途切れた!さぁ行こう!わっ、左から車が来てた。。。あわや大惨事。或いは、事故。
最初に左を確認して車がいなかった事で、もう車は来ないと思い込んでしまってるんですよね。
このような状態で飛び出して来る女性ドライバーとお年寄りドライバーの多いこと。毎日1日中車に乗ってると毎日必ず何人かのそのようなドライバーに遭遇します。

最近では、横から車が出てくる場面に遭遇すると、こっちを見ていないと思って運転するようになりました。そうでもしないと、本当にいつか貰い事故しそうで怖いです。
それにしても、確認しない人多過ぎです。そのような人が免許証を持ってる事にも疑問を感じますが、それにしても、ちゃんと確認しようやぁ~。たのむけぇ~。


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

車を激しくぶつける人は自己中が多いかな…という勝手な思い

無断駐車お断り

ワイパーにメモを挟むなんて優しいなぁ〜。しかも、「すみやかに移動をお願いします。」だなんて…。こういう人は用事が終わるまで戻ってきませんから「すみやかに」って言うのは絶対に無理な注文でしょうね。だから、人の迷惑を顧みず止めたらどうなるか、と言う事を身をもって知らせなきゃダメだと思うなぁ。

ここのお店の駐車場は割と優しいところで、お店に用事が無くても半日程度の駐車は大目に見てくれてるようなのですが、この車の持ち主は数日止めっぱなしというような余程の酷さなのでしょう。このお店の場合、ちょっとの駐車なら大目に見て下手に出てたら調子に乗りやがって…という感じなのかなぁ。(笑)
私は過去に別の駐車場で無断駐車に対して、ガムテープでベタベタにメモを貼られた車を見た事がありますよ。剥がすの大変だろうなぁ〜って、遠目に見てました。

ルールが守れないドライバーの車は大体ボコボコ

そして、この車…横に回ってみるとボッコボコ。高齢者ドライバーなのかなぁ〜?
私の偏見が多いと思いますが、このようなルールが守られない人の車って、ボコボコ率が多い気がします。
このような駐車に限らず、交差点でウインカーも出さず、尚かつ、他人の走行を妨害するような急な進路変更など、他人に迷惑をかけるような運転をする人の車は大体ボコボコ。逆の言い方をすれば、ボコボコの車を見かけたら「他人に迷惑をかけるような運転をするから近付かないようにしよう」と注意喚起しましょう。って事だね。とりあえず、近付かなければ貰い事故をする事も防げるしね。
変な動きをする車というのは、急に変な動きをするわけではなく、変な動きをする予兆が出てますから、それを見逃さなければ被害を被るって事も少ないかなと…。(笑)


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

勝手にシグナルグランプリ

「シグナルGP(グランプリ)」って何でしょうか?(2006/9/403:29:36 Yahoo!知恵袋)
回答:信号機をレーススタートのシグナルに見立てて猛ダッシュする事です。危ないのでやめましょう。


もっと迷惑なのは”勝手にシグナルGP”です。
これも読んで字の如く、隣にちょっといい車が止まった時に行われる、自分だけダッシュして、俺の車は○○より早いぜ!と言い張っている輩の事です。相手はそんな気持ちは有りません。
対処法??相手にしないことです(⌒^⌒)b



夜遅く、帰宅してる途中に赤信号にかかってしまいました。道路は片側2車線で私の右側に軽ミニバンのワゴンRが止まってました。ワゴンRはエアロバーツで身を包み、車高を落としマフラーを交換し、ドライバーは如何にも血の気の多そうで若気の至りを現在進行形で爆進中のような若い兄ちゃんでした。

隣に並んだ車がS15シルビアだと知ると、いきなり、アクセルを煽り始め、シグナルグランプリを挑んで来た感じです。えぇ〜勘弁してよぉ〜。オッサンを捕まえてそりゃ無いだろう。
更に660ccの軽自動車と2000ccの普通車ですよ。パワー勝負ほぼ100%な状況で排気量に差があり過ぎでしょ〜。仮にですけど、私…勝負して勝っても弱い者イジメみたいで嬉しくないのですけど〜。しかも、一般公道だしそんな危険な事は出来ません。

信号が青になるとお互いに加速したのですが、私のシルビアAutechVersionはAutechチューンのエンジンなので普通に加速しても加速力はそこそこ速いのです。勿論、勝負なんかしてませんけど、傍から見ればスタートダッシュでは勝負してるように見えちゃうかなぁ。私はいつも通り普通に3000回転シフトで加速するのですが、3速ぐらいまでは目一杯の加速するワゴンRと互角のようでした。4速ギアに入れて制限速度プラスαになったから私はその時点で加速を止めました。これも普段通りの運転です。

いや…、私は競争はして無いですよ。普通の運転をしただけですから。
もしも、競争するような事になると、キッチリ4500回転以上回して可変バルブタミングシステムを作動させて更にキッチリレッドゾーンの7500回転まで引っ張りますからぁ。でも、それやっちゃうと相手のワゴンRももっと調子に乗ってスピードを出し、更に無茶で危険な領域に突入するでしょう。

私が挑発に乗らない事で、ワゴンRもそれ以上の加速はしない。車の運転が上手い人は、自分の車をコントロールするだけではなく、相手の車もコントロールするのだよ。…なんてな。

きっと、ワゴンRの兄ちゃんは勝ったつもりでいるだろうけど、それ以上スピードを出させないように私に操られていたって事には気付かないだろうなぁ〜。…という負け惜しみ。チャンチャン!(笑)


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)