2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現の自由

お洒落な海外のスナック菓子

いつものスーパーに買い物に行くとお菓子のコーナーにCRISP the WORLDという何やら海外のスナック菓子だろうと思われる物を見つけました。裏を見ると、どうやらスペインのポテトチップスみたいだ。

私の経験上、ポテトチップスは日本の物が一番口に合う。そりゃ、日本人の口に合わせて味付けされてるのだろうから当たり前の事だとは思うのですが…、でも、気になるこのパッケージ。パッケージを食べる訳じゃないんだけどねぇ〜。(笑)

更に、味は4種類。ライム&ペッパー味のリオデジャネイロ スタイル。ピザ味のナポリ スタイル。テリヤキ味の東京 スタイル。マッシュルーム味のパリ スタイル。パッケージのいずれも個性がハッキリしてて面白い。日本人の私の目から東京 スタイルの袋に描かれた人を見ると、どうも中国人に見えてしかたない。スペイン人の目には日本人ってこんな風に映ってるんだろうなぁ〜。

このポテトチップスの価格は1袋350円だったけど、ついついフルコンプリートしたくて全種類買ってしまいました。日本だとこんなパッケージはあり得ないよなぁ〜。
クレーマーを気にして、「イラストは味をイメージしたものです」なんて間抜けな注釈を入れなきゃならないのだろうし、商品の写真を載せても「写真はイメージです」って入れなきゃならない。写真が本物じゃないのは分かりきってる事なのに、一部のクレーマー対策の為に大勢のまともな人を小馬鹿にするような注釈を入れなきゃならない日本の業界ってつまらないなぁ〜って改めて感じてしまいました。

表現の自由と言いながらも、表現を縛る自由の無さ。
そりゃぁ、騙すような嘘や誇大な表現っていうのはダメだけど、表現のデフォルメというかユーモアに富んだ誇張ってアリだと思うなぁ〜。
何処までがユーモアに富んだ誇張なのか、何処からが騙すような誇大な表現なのか、なかなか線引きが難しいですけど、現在の日本での表現の縛りは行き過ぎた感があるような気がします。

写真のようなパッケージのイラストは味を想像させる為のイラストで、誰もが中身の商品とは違うって分かりきってる事じゃないですか。一部のクレーマーが悪意をもってイラストの人が持ってる物と中身のお菓子が違う!なんて事を言ってくるのでしょうが、なんでそんな人の為に、まともな人を蔑ろにして折れなきゃならないのか謎なんだなぁ〜。日本も楽しいデザイン表現で溢れかえって欲しいなぁ〜。

ちゅか、海外からの輸入商品を売る場合、日本仕様にデザインを変更しなくてもOKなんだ。(謎)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

ザ・ブラザース・フォア無事帰国

テレベルトグリーンと公演ポスター

このポスターが単なる広告という役目なら5月28日の公演が終了と同時にゴミと化し捨てられてしまう運命だったでしょうね。私はこれまでに役目を終えてしまったらゴミとなってしまうデザインの仕事をずっとしてきました。それが凄く嫌でねぇ〜…。
しかし、ある日からそういう仕事と決別しました。だけど、そういう仕事と決別しちゃうと収入激減で生活も侭ならないんだなぁ。仕方ないから生活の為にバイトを始め生活費を稼がなきゃならなくなったわけだけど、結局バイトがメインみたいになっちゃってしまいました。

でも、自分が望むような仕事って頻繁にあるわけでもなし、バイトの合間に適度に入ってくるデザイン仕事のスタンスが丁度良くなったと言うか、バイトで生活費が少しだけ安定した分、デザインで生活費を稼がなければと切羽詰まった感が無くなった事もあり、逆にデザインにのめり込めるようになったかなと…思う今日この頃。人生いろいろありますわなぁ〜。(笑)

ブラザース・フォア ジャパンツアーは6月16日の神戸朝日ホールでの公演を最後にアメリカへと帰国されたそうです。私はリアルタイムで日本がブラザース・フォアに熱中されてた時代を知りませんが、こういう写真を見ると、デザインで参加させてもらって良かったと心から思います。私にとっても夢のような時間でした。
(≧∇≦)b


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

行間と文字間

行間文字間

「ドラクエかよっ!」ユーモアあふれる電光掲示板で交通事故防止へ…岡山県警(外部リンク)
ユーモアあふれる電光掲示板ですが交通事故防止目的のようですが、以前も熊本県警が『ダメよ、ダメダメ。』の交通事故防止目的の電光掲示板で注目を集めてましたが、逆に電光掲示板に注目し過ぎて事故を誘発してしまうとか、こういうのって賛否両論あるみたいですね。

…っで、私は、例え真面目な注意喚起の表示であったとしても…という事でデザイン的な観点から指摘しちゃってみようかと思います。

えっ?単なる文字の羅列の電光掲示板にデザインもクソもないでしょ〜。…って素人さんは特に思っちゃうでしょうねぇ。もしかしたら、プロのデザイナーさんの中にもそう思ってる人がいるかも〜。…いや、いるはずだ。世の中のデザイン物を見てる限り分かってないデザイナーは多い。プロの仕事ちゅうのは地味なところに凄技が隠れてるものなのです。デザインも同じです。オッ洒落ぇ〜なんて言ってるような部分は、まやかしみたいなもんですね。(笑)

まぁ、そんな事はさておき、では、この電光掲示板の何がデザイン的にダメなのか?
それは、ズバリ…、文字です。書体とかそう言う形の部分じゃないですよ。これは手書きの文字にも言える事です。

もっとハッキリと言えば、横に読む文字なのに、文字間、行間の関係で縦読みしそうに視覚誘導されてしまうのです。だから凄く読み難いのです。ましてや、走行中の車から運転しながらチラッと電光掲示板に視線を移し一瞬で文字を認識して内容を把握しなきゃならない事が求められる中で縦読みに視覚誘導されるのって最悪でしょ〜。

素人は活字なら綺麗で読みやすいと誤解してしまうのですよ。最近ではパソコンの活字を使って素人が簡単に印刷物を創ったりしますが大半は文字間や行間がダメで読み難くなってますね。まぁ、そりゃ当然です。プロのデザイナーにもその事が理解出来ていない人が多いのですから。
このようなブログ等では文字間や行間が計算されてフォーマットされてるから誰が扱っても読みやすいようには出来てますけど、自分でオリジナルでやってると疎かになってるものです。

更に、文字を読むと言う行為ですが、実は、文字を1文字1文字を追って読んるでのでなはく、ある程度の固まりで文字を認識しるてのでよすね。だから、言葉の最初と終りわが正しれけば中の文字が少々入れ替わてっいても普通に読めます。その為に、1文字1文字よりも文字間・行間の方が大事なでのす。






最後の段落に仕掛けを仕組んでみましたが、気が付いた人は鋭い!(笑)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

色指示という古の仕事

版下に色指示してる夢を見てしまった。パソコンを使ってデザインをするようになって、かれこれ20年以上も色指示なんかしてない。今となってはほとんど必要のなくなった古の仕事だなぁ…。

そう言えば…夢と関係があるのかどうなんだか…、前日に色々と、とある広告や商品パッケージ、雑誌のページデザイン等を見て感じたのですが、全く別物のクライアントや媒体のデザインなのにやたらと同じ表現のデザインが蔓延しているなと気になりました。

きっと、クライアント様が何処かで見た事のある表現をデザイナーに要望してるんだろうなぁ。「○○のデザインが良かったから、うちも○○のようにして欲しい。」てな感じで注文付けちゃうのでしょうね。きっと。そして、その何処かで見た事のある表現のデザインもまた…、クライアント様がデザイナーに何処かで見たデザインの表現を要望したものかも知れません。
そして、さかのぼる事…、何処かで見たデザインの始まりはデザイナーのアイディアではなく、デザインソフトのバージョンアップによって備わった新しいフィルター機能だったりする。
その為に、全く別物の業種で全く別物の媒体なのに同じ表現で溢れかえってしまうのだろうなぁ。…なんてモンモンと考えてました。

版下時代には当然ながらフィルター機能なんて無かったし、安価な素材集なんてものもなかった。何かやるには全て最初から作り出さなければならなかった。既製品を使わず創らなければならなかったんだなと…。皆が同じ表現をする事が難しかった。

しかし、現在はデザインソフトに備わるフィルター機能と言う既製品、安価な素材集という既製品。それらの既製品を使ってデザインしてるのだから、そりゃ、どのデザインも似通ってきて当然の結果なんだろうなぁ。
更に最悪なのは…そういう事に疑問を抱くデザイナーも非常に少ない。みんな同じ事して他人と違った感性なんて矛盾した言葉が好きなのも、そんなデザイナー逹なんだなぁ。
そんなモンモンとした矛盾が気になって色指示をしてる夢を見ちゃったのかな?



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

マイナーチェンジ

2案

デザイナーに二案を求めてはならないワケ
☆こころを伝えるメッセージ☆コンテンツライター・せとくぼまなみBLOG
2015年09月29日 テーマ:コンテンツライティング(外部リンク)


リンク先のBlog記事と同じような事を過去に私もこのBlogで記事にした事がありました。

《本命》《中堅》《捨て》《こりゃ絶対ねーだろ》(当Blog内リンク)

いやぁ〜、久しぶりにデザインネタだなぁ〜。(笑)

デザイナーに数案提出させるという話は、リンク先の2つのBlog記事が語ってますのでそれはそれで良しとして、それに伴った別の事例を今回は語っちゃいます。

言うなれば…マイナーチェンジってヤツ。
デザイン企画第1弾の後、第2弾で第1弾と同一原稿でコンセプトも同じなのに前回と同じデザインじゃつまらないから見せ方を変えてデザインしてね。ってパターンの依頼もよくある事だと思います。…って言うか、見せ方を変えなきゃ仕事してる風に思われないという風潮ってありますよね。

つまり、デザイン的に完成されてて変更する必要もないのに変更させられるという理不尽な要望です。その行為は良かった物を壊して悪くするだけの行為でしかないから私は断るようにしてます。( ´艸`)

しかし、そんな私の行為を否定される方もいます。
クライアント様の要望だからデザイナーから見てどんなに酷くなろうが要望に応える事がデザイナーの仕事だ!…という考え方によるものです。
私はこの考えを否定はしません。それはそれで有っても良いと思います。但し、私はしません。(笑)

デザイナーから見てどんなに酷くなろうが要望に応える為のデザインをする人はすれば良いし、私みたいな人がいても良い。それこそ、ニーズにあったデザイナーをクライアント様が選べば良いのですから。悪くなってもデザインに変化のある方を求められるデザインはそれに対応してくれるデザイナーに頼めば良い事です。
でも、そうじゃないクライアント様もいるわけで、素人だからちゃんとプロに相談し指示を仰いで本当に良いものを求めようとするクライアント様だっているのですから、デザインの選択肢同様にデザイナーの選択肢があっても良いはずですよね。

100円皿の回転寿司に行って「ネタの鮮度が…」「シャリのしめ具合が…」と言うのはお門違いだし、お高い寿司屋に行って2貫で100円の物を求めるのもお門違いというものです。それを客の要望だからどちらの客の要望にも応えるのが寿司屋だ!って言われてもねぇ〜。客の求めるものが違うから、それにそぐった寿司屋があるのです。

デザイナーも同じなんじゃないかな?それを全部同じ扱いで考えちゃうから歪みが出来ちゃうし、考え方の反論も出てくる。価格もあそこのデザインは幾らだったとかで揃えなきゃならなくなる(価格競争で苦しくなる)んじゃないかなぁ〜。…ってね。

そいういう理由で、私は案を2つも出さないし、マイナーチェンジで変更する必要もないのに変更はしません!(キッパリ)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

タマゴ味…?

ぐでたまグミ

気持ち悪いタマゴ味のグミを想像してたんだが…。これって、サンリオのキャラクターぐでたまと言うのですね。

ちょっと、タマゴ味のグミという恐いもの見たさがあったのだけどなぁ〜。普通にレモン味とみかん味である意味ガッカリだよ。

それにしても、パッケージのデザインって重要だなと改めて感じました。パッケージで味を想像しちゃうもんね。そして、このパッケージでレモン味とみかん味は想像出来ないなぁ。
しかしながら、サンリオとの共同企画とは言え、良くこのデザインでGoサインが出せたなと…。

もしや、これが最近噂になってる…(噂になってるんかいな?)企画会議にぢょしこ〜せ〜とかを呼んで若い感性で新たな商品化…なんていう類いのヤツぢゃないだろうか?
10代の子をターゲットにする時は頭の固い大人の意見ではなく、現役世代の意見を聞いて商品化しちゃおう作戦!

普通に考えると絶対に想像するのはタマゴ味だよなぁ〜。いやぁ〜、おぢさんは若い感性についてけませんわぁ〜。(´θ`llll)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

前回と同じじゃつまらないので見せ方を変えて…

死の淵からマツダを復活させた1本のビデオ
新型デミオの主査は「もう八方美人で誰にでも好かれようと思って車を作るのは止めます」と言った。アテンザとCX-5のマイナーチェンジで取材した主査は「50%の人に好かれたら、50%の人に嫌われてもいいです」と言った。
二つの取材はほぼ半年間が空いていて、主査という肩書こそ同じだが、全く別の人物の発言だ。にも関わらず奇妙に同じニュアンスが漂い、言わんとすることは同じに思えた。「Zoom-Zoom」のようなスローガンなら共有されていてもおかしくないが、内容は同じでも表現方法はまるで違う。それらの発言からは、どうも何かの理念が共有されているように感じられた。

2人の主査から出た「同じ言葉」
例えば、アテンザはマイナーチェンジで外観がほとんど変わっていない。普通なら販売サイドから突き上げられる。「もっと違いが分かるようにしてくれ。」筆者が販売担当でも当然そう言う。そして「そりゃ他の部署にも都合はあるよな」と大人の事情を飲み込んで、デザインを一目で分かるように変えるわけだ。組織と言うのはそういうものだ。多くの部署が、それぞれの都合を綱引きする事で着地点が決まる。
しかし「変えるために変えることはもうしない。それはメーカーの都合でしかないから。」と主査ははっきり言った。もちろんそれは理屈として正しい。
何か不具合がある。或いは、より性能を上げる為に変える。改良とはそういう事だし、本当にユーザーの為に商品を作ろうと思えばそうなるはずだ。必然性もなく、ただ新型を分かりやすくアピールする為に変える必要は確かにない。

そこまでは、物を作る立場の人なら誰もが考える事だろうが、その正論を組織の中で実現するとなると話は別だ。あなたが何かの組織に属しているなら「こういうの無意味だよな」という事に日々直面するだろう。そういう無駄に気付く事は、そんなに難しい事ではない。大人として真面目に仕事をしていればみんな気付く。だが、社内を改革して「無意味な事を止めさせる」ことが果たして出来るだろうか?

THE PAGE 2月8日(日)14時30分配信より抜粋)


この言葉、凄く分かるなぁ。サラリーマンデザイナー時代に、シリーズ物のデザインをしていて、第2弾、第3弾と企画される時は、必ずと言っていい程、前弾より明らかに変えたと一目で分かるデザインを要求されたっけ。

でも、コンセプトワークであるデザインは1つのコンセプトで最良のデザインは1つしか無いわけです。その最良の1つを創る為に、じっくり時間をかけてアイデアを沢山出し、徐々に1つに絞り込んで完成させてるわけだから、不具合を修正するといった理由でもない限り、違うパターンのデザインなんてあり得ないのですよ。

同じコンセプトのものなのに違うパターンのデザインを創ると言うのは「色々考えてますよ」とクライアントにアピールする為のパフォーマンスに過ぎません。現実には単なる無駄な行為でしか無いだけじゃなく、時間をかけて最良のデザインを導き出した完成品を壊し悪くしてる愚行でしかないのです。

「前回と同じじゃつまらないので、見せ方を変えて。」って安易に言うような人は単なる素人だと思う。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

クーポン券

クーポン券

あ〜りがぁたや、ありがたやぁ〜!
私はクーポン券大好きでございます。正月から初売り絡みで新聞折り込みチラシにクーポン券がたぁ〜くさん。早速、切り離してクーポン券をいつもの財布とは別に用意してる100均製のクーポン券専用財布に入れて…、ムフフフ。
写真は、某ラーメン屋さんのクーポン券です。きっと、大半は使わずに捨てちゃうのでしょうが、利用するときの事を考えて期限までは大事に保管です。

クーポン券

こっちは、某うどん屋さんのクーポン券です。

クーポン券

更に、某トンカツ屋さんのクーポン券。あまり利用はしないけど一応切り取って…。更に、お寿司屋さんとか他のお店のものまでなんてクーポン券の種類が増えてくると、それぞれのクーポン券がどのお店のクーポン券なのか分からなくなってくる。

チラシには店名が入ってるから分かるけど、切り離したクーポン券の1枚1枚には一切店名が入ってない。今回切り離したクーポン券の全てのお店がクーポン券の1枚1枚に店名を入れてないのである。
私のように切り離して、しかも馴染みの無いお店のクーポン券まで集めてると、凄く分かり難いと言うか、結局分からなくて、全く利用出来ないお店まで出てきます。

トンカツ屋のクーポン券は切り離すと何処の店か分からなくなりそうなので切り離すのを止めました。まぁ、クーポン券に店名がなくても、切り取り線にミシン線が入れられてるとチラシから切り離さずにお店に持って行き、その場でちぎって渡す事が出来るけど、ミシン線がないと予め切り取っておかないと使えません。
でも、馴染みの無いお店だと予め切り取ると何処の店だったか分からなくなる。ハサミを持って店には行かないし〜。

チラシを創ったデザイナーさんよぉ〜。クーポン券を使う人の事を考えて、クーポン券の1枚1枚にせめて店名ぐらいは載せましょうよぉ。

さて、クーポン券を使ってラーメンでも食ってくるかぁ〜。


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

メーカーチラシ vs ローカルチラシ

SUZUKI自動車のメーカーチラシ

お正月の新聞折り込みチラシはとんでもない量で新聞が新聞受けに入りきらなかったですよ〜。って、毎年の事だけど。そんな状態の中、なんと同じチラシが3枚も…。
チラシを折り込む仕分け作業の時に静電気等で同じチラシがくっ付いて折り込まれる事は良くある事で、今回もその類いだろうと思ってたらメーカーチラシだったのねん。
メーカーチラシとは文字通りメーカーが創るチラシの事で、表面のみメーカーがチラシを創り、各販売店にそのチラシを配り、そのチラシの裏面を各販売店が独自に印刷して広告をするというものです。

泥臭いローカル販売店チラシ

だから、同じデザインのメーカーチラシであっても、裏をひっくり返せば別々の販売店のチラシなのです。
しかし、前々からずっと思っているのですが、表面のメーカーチラシに対して裏面のローカル販売店チラシ…デザインの完成度が何故にこんなにも差があるの?今まで表面のメーカーチラシに負けず劣らずのローカル販売店チラシのデザインに出会った事が無いです。ローカルだから泥臭くしなければならない。垢抜けてはならない。って事でもないでしょう?(笑)

こういう事を言ってると、このようなデザインを創ってるデザイナー達は「いくら美しいデザインを創っても売れなければ意味は無い!」って言うでしょうが、じゃぁ「このような泥臭く垢抜けないデザインにしたら売れるの?」って問いたくなります。
また、そうだとすれば「メーカーが創ったチラシのデザインでは売れないの?」そして、そのようなメーカーチラシを利用して裏面にデザインするのは何の為?…と、その行動が既に矛盾してるんだよねぇ。(笑)

ローカルだから泥臭くしなきゃならないって言う理由も変だし、垢抜けちゃダメっていう理由も無い。ローカルチラシのデザインがメーカーチラシのデザインを超えても別に構わないと思うのだけどねぇ。そして、同じデザイナーとしてデザインを創るならメーカーチラシだろうが何だろうが負けたくはないじゃないか。私はそう思うがなぁ〜。もっと頑張れ!ローカルなデザイン。(爆)


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

マーク?

マタニティマーク

「妊婦マーク」男性6割知らず=育児支援策、認知度低く。
内閣府が13日に発表した「母子保健に関する世論調査」によると、妊婦が身に付けて周囲に知らせる「マタニティマーク」を男性の6割近くが知らない事が分かった。ダイヤル「#8000」でつながる小児救急電話相談の存在を知っている人も1割にとどまった。少子化解消への取り組みが急務となる中、育児支援策が十分に浸透していない実態が浮き彫りとなった。
同種の調査は今回が初めて。今年7月、全国の成年男女3000人を対象に面接方式で行われた。有効回収率は62.3%。
公共交通機関などで妊婦への配慮を促す為に導入されたマタニティマークについて、言葉だけも含め「知っている」と答えたのは、女性63.8%に対し、男性は41.4%。60歳以上は男女でも半数に満たなかった。
小児救急電話相談を「知っている」と答えた人は10.2%で、子育て世代の30代でも26.1%にとどまった。男女別では男性4.6%、女性は14.9%だった。また、自治体が不妊治療費の一部を助成する制度について「知っている」と答えた人は35.0%だった。
虐待やその被害が疑われる児童を発見した場合、児童相談所など行政機関に知らせる義務がある事について、「知っている」と答えた人は61.7%だった。
(時事通信 9月13日(土)17時6分配信)


…。うぅ〜ん。なんて言うかなぁ〜。
『知ってる知らない』という事の知名度・認知度よりも、そもそも『マーク』って何ぞやのレベルじゃないかなぁ?
知らない人でもその図を見たら『そういう意味なんだろうな。』って想像を促せなきゃマークとしては失敗なのではないか?…と思ってみたり。その為のデザインなんだろうし図案なんじゃないの?…って思うのですがねぇ。

最近のマークの多くはピクトグラムではなく単なるお絵描きレベルの物が増えました。公募の弊害とでも言いますか、プロ、素人問わず色々集まったデザインを単なる好みで選ぶ審査員達。

私もこのマークを見て図柄は知ってましたけど、マークという認識はなかったです。何かのイラストという程度だったし、呼び名も知らなかったです。昨今のゆるキャラみたいなもんですね。知名度のあるゆるキャラは何処の街のキャラクターなのかは分かるけど、知名度のないゆるキャラは何がなんやら…。
そういう素人のお遊びみたいな感覚で作り出されたものだから認知度が低くて当然の事なのかも知れません。


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。