FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

ミス?

初日の出スポット

1月1日元旦に届けられた新聞に入ってた某新聞社のタブロイド広告です。この広告は正月元旦に折り込まれてたものですが、情報が遅い!とツッコミを入れたくなってしまいました。(笑)
『今年(初日の出)見逃したという人に』…と称されて、初日の出スポットが紹介されているのですが、これは来年2012年用の情報なのでしょうか?来年の事を言ってたら鬼が笑うよ!そして、私も笑っちゃうよ!

そして、この情報は絶対に昨年大晦日に折り込むべき内容の記事だよね。だって、1日(元旦)付けの新聞に折り込んでたらこの広告が読者の手に届く時には、既に初日の出は終わってしまってるもんね。何の為の情報なんだか…。

正月早々、ミスから始まるなんて…。というより、この業界の場合、ここまで来るとミスじゃないね。起こるべくして起こってると言った感じです。ミスというのは、起そうと思わないで気をつけていたけど起こってしまう事がミスで、気をつける事を怠ると言うか、気をつける事を知らないと言う場合にはミスとは言えないでしょう。間違う事を前提に創ってる状態だから。


アホアホカレンダー
写真:産経新聞

間違いカレンダー、多発 毎月「Feburuary」、11月31日…。
産経新聞 2010年12月31日(金)7時56分配信

新たな1年の道しるべとなるカレンダーをめぐり、この冬、回収騒ぎが相次いだ。神奈川県の秦野市観光協会では64カ所の誤りが発覚したほか、プロ野球・阪神タイガースの公式商品には存在しない日にちが表記される痛恨の“エラー”も。製作業者からは「経費削減が進み、今後もミスが増えるのでは」との声も漏れる。

大量のミスが見つかったのは秦野市観光協会が1部500円で販売するPRカレンダー。February(2月)のつづりを「Feburuary」としたり、カレンダーに記載された市のスポーツイベントの予定が前年の日程になっていたり。冠婚葬祭で重視される六曜の「先負」が一部「先勝」になるミスも見つかった。

ミスは「駅伝の開催日と名称が違う」という市側の指摘で判明。当初はシールを貼って対応することにしたが、その後も間違いが次々と発覚。観光協会は3千部を刷り直すよう方針転換したが、刷り上がりは「年明けになる」という。

一方、阪神の主力選手の写真が入った壁掛けカレンダーでは、存在しない「11月31日」の表記が判明。出荷10万部の回収・再発送が決まった。もっとも、こちらはファンの間に「ある意味貴重かも」「返品するか迷う」との声も上がる。

なぜ間違いが相次いだのか。秦野市観光課は「締め切りに追われ、確認作業が不十分だった」。日付や六曜を担当した印刷会社は「ネットの情報から引用した。元データが誤っていたのか…」という。

メーカー32社が加盟する「全国カレンダー出版協同組合連合会」によると、カレンダーの製作作業は前々年から始め、「6~7人で別々に校閲する」(都内の大手業者)など、入念なチェックを重ね完成させる。

しかし、最近は簡単な暦作製ソフトが出回り「校正を知らずに参入する業者も多く、見栄えだけ良い作品が売り出される」(同)傾向があるという。



昨年、年末にもこの業界のミスで締めくくられてたニュース記事がありましたよね。上記引用記事がソレです。このニュースを知った時、私は呆れてしまったと言うか、この業界は何処まで地に落ちて行くのかという思いと、私自信、この業界人でありながら次第に素人に埋め尽くされ、プロとしての居場所がなくなる危機感を非常に感じました。この業界が素人じみてきてる事はこれまでこのBlogで頻繁に紹介してきた事です。

私は常に危機意識を持ち、問題視してるのですが、それに反して、まぁ~、ノホホンとしてるクリエイターの多い事…。私が掲げてる問題を問題と感じず、単なる『口煩い批判』としか捉えてないクリエイターも多いです。問題に対して問題視出来ないのは、良くしていこうと言う気持ちの無さに繋がるわけで、それは、常に良い物を創り続けようとするクリエイターには致命傷な事です。問題を感じて問題提示すると、その行為自体を批判と捉えられてしまうのでは、問題に対して対処も出来ないし、改善してよい環境を作り上げる事なんて絶対に出来っこ無い。全てはクリエイターの生温い甘えでしかない。

引用記事の青字部分の言葉はミスが起こった事に対しての言い訳ですが、バカか?と言いたいですよ。「経費削減が進み、今後もミスが増える。」だと…?プロとして、ちゃんとした物を作る為の最低限のコスト計算も出来ないのか?経費削減かなにか知らないが、必要な物を作る為の必用なコストを要求するのはプロとして当然だろうが…。そして、プロとして出来ると判断したからこそ、その予算で作業に取りかかってるのだろう!それを、納得して承けておいて、経費を理由に出来ませんと言うんじゃない!甘えるな!
どうしても、そのコストで出来ないと言うのであれば、承ける前に「これでは出来ない」とハッキリ言え!自分達の無能さをミスが起こった後からコストが…とか作業時間が足らない等のせいにするんじゃない。自分達の無能さをいつまでも他人のせいにしてるようでは、いくら予算がちゃんととれようが、制作時間が十分にあろうが絶対に出来っこ無いですよ!
甘えたやつに、時間を与えても予算を沢山あたえても、無駄にしてしまうのが常です。過去記事のワガママなのはどっち?(当Blog内リンク)で、その事について記述してます。

以前も言ったけど、デザインでミスが起こっても、他の交通機関のようなミスと違って、ケガ人や死人が出るわけじゃないから、ミスに対して軽視されがちなんですよね。『「経費削減が進み、今後もミスが増えるのでは」との声も漏れる。』きっと、交通機関のミスであれば、関係者がこんな言葉を吐けば、国民の大半から厳しいお叱りを受けるでしょう。言い訳(当Blog内リンク)が多過ぎるのもこの業界の特徴です。そう言えば2006年3月に書いたハチャメチャなカレンダー(当Blog内リンク)というBlog記事でもカレンダーのミスを取り上げたなぁ~。本当にこの業界は生温く甘えた環境に浸かり切って麻痺し過ぎている!





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


新年おめでとうございます。

100円ショップのカレンダーで日付や曜日のミスのカレンダーがあったようで、交換をやっていました。

最近は中国など海外で作っていることが多くて、ダンボールのフレキソ印刷の版下も、中国がふえているそうですね。

私のつとめたところで、中国からまわってきたものがありました。
それから、福祉施設でも、新聞のリサイクル袋をまとめる内職がありましたが、印刷や袋折が海外で・・・

福祉施設の内職は時給50~100円くらいのところが多いですが、それでも、作業効率を考えると外国のほうが、高学歴で健常者ではるかによいはず?

だけど、袋を折るだけの作業でも外国でやったものは、めちゃくちゃで、おり方もそろっていませんが、髪の毛がはいっているし

版下デザインのミスや仕上がりもかなりひどいようでした。
いくら日本語のわかる人がいても、むりかも・・・

スペルミスなどは、ワードなどでは、自動校正機能があるので、かなり防ぐことができそうですが、イラストレーターではそれがないので、最初からつくるとミスが起こる可能性がたかいですね。
DTPソフトにも自動校正機能がほしいなって思います。
※日本語入力ソフトに少し校正機能があって、別売りのソフトや、ワードで原稿を入力すると長文では防ぐことができるかも・・・
だけど、小さな単語単位ではそのつど貼れないので打つことに・・・

六曜は、プログラムされたフリーソフトではまちがいがあるかもしれないという表示があるようです。あと400年に一度のうるう年とか、祝日とか・・・

だけど、こういうのは専門的な知識がないと例外を見落とすかも?
活版や写真植字の時代から考えて、だんだんだれにでも、作ることができるようになったから、問題がおこるようですね

テープレコーダーの録音、カメラ、テレビカメラなど昔はプロしか使えませんでしたが、今は素人のほうが高価な機器をつかっていたり、専門知識やデザインセンス? のある人も増えていそうですが、プロじゃないとできないこともたくさんありますよね

問題を問題視出来ない事が最大の問題

♪アミティエのあみちゃん さん

あけましておめでとうございます。

私が一番問題視してるのは、業界の方誰もが問題点を挙げろと言われれば簡単に問題点を挙げてしまえる事です。誰もが簡単に問題点を挙げる事が出来ていながら、その問題点がそれで当たり前と問題視していない事が最大の問題なのです。

>スペルミスなどは、ワードなどでは、自動校正機能があるので、かなり防ぐことができそうですが、イラストレーターではそれがないので、最初からつくるとミスが起こる可能性がたかいですね。

こういう意識も私には問題と感じます。『自動校正機能』と言う事は機械任せで結局責任は機械じゃないですか。『最初からつくるとミスが起こる可能性がたかい』のではなくて、確認しない事が問題なのです。『自動校正機能』があれば尚更確認しなくなるのでは?それこそ、プロなんて必要ない事を認めた事になりますよ。

自分の中に責任という事がなくなってる事が私の言う甘えなのです。


宮城県仙台市の秋保町にある『主婦の店 さいち』ってご存知でしょうか?『おはぎ』が人気で平日でもバカ売れとの事ですが、小さなスーパーでありながら全国的に名を轟かせています。広島県の私でも知ってますから相当な知名度です。
ここの『おはぎ』(総菜全部)には、レシピが存在してないのですよ。レシピがあると微妙な味の変化を指摘した時に「レシピ通りにしてますよ!」と、従業員がその責任をレシピに転化するからだそうです。その為にレシピを廃止し、従業員の味見する舌に全てを任せたそうです。従業員1人1人が自身の舌に責任を持ち、美味しい物を提供してるそうです。

私が常日頃このBlogを通して言ってる事はそういう事なのです。
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-2046.html

こちらの記事のように一見、私達の業界には関係ない事のような内容でも、自身の事に置き換えて考える事が出来るのです。責任と言う事では、全く同じ事です。
『普通の人は気づいていませんが世の中はデザインで溢れています。』って高飛車な事をいうクリエイターも居ますが、そういうクリエイターに限ってデザインを特別なものと位置づけて世の中の事に目を向けていません。世の中に目を向けないで、高飛車な気持ちでデザインしてるのだから、良い物が出来るわけがないですよ。
ソフトが機能がと言う前に、もっと基本的な事を見つめるべきなのです。DTP以前の版下では『自動校正機能』なんて物はなかったですよ!

最後は人間の判断と責任ですが・・・

料理は1人前で塩が1グラムだと10人前だと10グラムじゃないそうですね 12グラムなど多くしないとだめとか・・・

うどんを作るときは、温度や湿度、粉質などにあわせて、毎日変えて調整する・・・ 名人がつくるからおいしいうどんができますが、秘伝や企業秘密があると、食べた人に食物アレルギーがあると問題になることがあるので、使った材料の表示が必要・・・

放射線や、地下水の汚染、食品アレルギーやO157など人だけでは対処できないので、最悪の結果になった場合にそなえて、検食をやっているようですが、これは、誰の責任かはっきりさせるため・・・

マクドナルドの品質管理は計器によって科学的検査をしていて、個人差がでない工夫をしているそうですが、最後は人がみて、人の責任・・・

カリブレーションや、ドリンクだと糖度でコーラは11.5、ファンタオレンジは13.0、炭酸圧力は一次圧が150psi、二次圧80psi・・・ 人だけだと体調の変化があるので、科学的検査をしても、最後は人がやって人の責任ですね

校正もむかしは国語辞典をつかっていたようですが、時代とともにどんどん進化していて、新語、差別語、人名漢字、地名の表記変更、銀行や会社が統廃合されてマークや社名が変わるなど、昨日の資料は今日使えないので、つねに最新の資料が必要

看護婦から看護師、同時に婦長から看護師長、部長へ、差別語などもある日変わることがあるようです。

人の知識だけではやはり限界があるので、最先端のものは使うべきだと思うのですが・・・

エコー、CT、MRI、ペット・・・ 機械も完璧じゃないですが、機械や技術が進歩すると、今まで発見できなかったものを発見できます。でも所詮道具で、最後の判断は人で機械のせいにはできません

自動校正は正しいわけじゃないので、決めるのは人の判断ですが、複雑なものをそろばんで計算するより電卓やパソコンを使うように、補助として使うと便利だと思いますが・・・

危機感

♪アミティエのあみちゃん さん

申し訳ないけど、ミスが出る事を正当化するために、変に話を難しくしてませんか?例に上げてる事が特殊な事ばかりだし…。

>エコー、CT、MRI、ペット・・・

そもそも、自動校正の機械と言う分野からかけ離れすぎです。これらの機械はそれら専門に測定する物ですからこれらの機械まで疑いだしたらキリがないですし、誰がこういう機械まで疑うと言いましたか…?私はワードなどに備わってる自動校正というレベルで話をしてるし、その話を振ってきたのも、アミティエのあみちゃん さんなのですけど…。その自動校正という事を私が否定したからと機械全体としてエコー、CT、MRI等に話を広げるのは無謀でしょう。

そもそも私が例に上げた初日の出の事やカレンダーの月が全部「Feburuary」になってたり、しかも、そのつづりが間違ってるというちょっと考えれたり辞書を引けば誰もが分かる事なのに、その程度の確認も怠り、当たり前にミスを出してしまうという状況の話なのに、それを正当化するように変な屁理屈で校正の難しさを称えようとする事が、私には理解出来ません。

私は補助としても校正と言う確認作業を機械まかせにする事は無しだと思いますよ。もちろん機械まかせという機械がどういう物かにはよりますけど、まさか、計算機とか、ハカリとかそういう物までは含めないですよね。私が言う機械まかせというのは自動校正という校正そのものを機械に頼る事です。なんだか、機械に頼らないと分からないと言う事が、校正の分野からかけ離れて、専門的な物を測定したりするような機械にまで話が及んでる気がしたので、ちょっと釘を刺しときます。
自分で確認するから、或いは確かな専門家に確認してもらうから確認なのですよ。ハッキリ言って、自動校正なんてものは翻訳機のような使い物にならないレベルだと思いますよ。電卓と同等に扱えるだけの信憑性はありませんよ。世の中に翻訳機を利用したであろう変な英語のコピーとか滅茶苦茶出回ってるしね。
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-1815.html

だけど、この業界ではそういう便利な機械が出るとすぐにそこに頼り切り、時間短縮、経費節減等と言って、校正時間を短くしようと短納期のスケジュールを組むじゃないですか。

カレンダーの制作現場の声にも「締め切りに追われ、確認作業が不十分だった」と言い訳されてます。だけど、出来上がった物を見ると『確認作業が不十分』というよりは、『確認してない』という事が正しい状況じゃないですか。

これが、人命に関わる交通機関のミスであったら、そういう暢気な言い訳なんか出来ないのです。だけど、この業界では平気で言い訳をする。そこに危機感が全く無いのです。

困りものですね

ニュース記事の中の「経費削減が進み、今後もミスが増えるのではとの声も漏れる。」という部分にとても違和感を覚えました。経費が削られなければ確認をしっかり出来るって事か!?と。経費が削られなければ、瞬時にデザイナーの知性が上がるのか?と。経費の問題じゃなくて、単に作り手のいい加減さのせいですよねぇ。
スペルの間違いをチェックしてくれるソフトの機能なんて、最後の「命づな」的な気休めにして欲しいですね。勿論それで助かる場合もあるとしても、それがあるから怠るなんてプロの精神じゃありませんもん。「命づながあるから毎回(落ちて)命が助かってる」なんて人間が危険なところに登る資格は無いというか・・・。衝突しそうな時に自動停止してくれる車の機能に頼る事でしか止まれない人が路上に出るべきじゃ無いというか・・・。

>「締め切りに追われ、確認作業が不十分だった」。

確認作業が不十分というよりも、そんなスケジュール立てがすでに間違ってる。

>「ネットの情報から引用した。元データが誤っていたのか…」

何でもネットから引っ張りだして知ったかぶるクリエイターたちの傾向に似てますね。つまり元データが間違っていれば、全滅って事・・・

伝える側と言う傲慢

♪morito さん

>経費が削られなければ確認をしっかり出来るって事か!?と。経費が削られなければ、瞬時にデザイナーの知性が上がるのか?と。経費の問題じゃなくて、単に作り手のいい加減さのせいですよねぇ。

まさにそうです。始めからしっかり確認をし、ちゃんと物作りしようとする人は、スケジュールも最低限の経費も確保して、ちゃんと物作り出来る環境を整えた上で作業に取りかかります。それがプロというものです。
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-1838.html

よく『環境が整い簡単に作業出来る状況であればプロ等必要なく、誰でも簡単に出来る!』『難しい状況でもこなすのがプロだ!』なんて言う自称プロ(素人)が居ますけど、環境が整ってるのではなくて、プロは環境を整えてるわけで、難しい状況でも環境を整え整理して簡単にしてるのがプロって事を分かってないですよね。

素人ほど、予算がない、時間が無いというバタバタ感を忙しくしてる出来る人間って感じで、またそういう人達を凄い人達のように思ってるみたいです。忙しくバタバタしてる自分に酔いしれてるだけで、何も出来ない人。そう人達が手掛けるデザインが本文記事のような仕事なんだろうなぁ~って思います。
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-1770.html

>何でもネットから引っ張りだして知ったかぶるクリエイターたちの傾向に似てますね。

ホント、そうですね。
本文記事の『初日の出スポット』にしても、記事を書いた人やデザインした人が普段から日の出を愛でたり、写真を撮りに行ったりして、その良さを自ら体感し伝えてるのだろうか?って凄く疑問です。
日の出スポットなど場所の情報は、ネット等で簡単に調べる事はできるでしょうが、自分でちゃんと、そう言う場に足を運んでる人ならば、初日の出が終わった後に届けられる新聞に折り込みするようなスケジュールは組まないし、企画の異常に気が付きますよね。
昨年の…いや、一昨年ですね。…の新聞記事、鶴田一郎美人画展に精通するものがあります。(同じ新聞社だから反省がないのか?)

http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-1450.html

自分は興味ないのに、人にオススメする無責任さ。ってやつですね。

何でもネットから引っ張りだして知ったかぶるクリエイター達って、自身のBlogで、自分が買ってその良さを体感して、その良さをどうしても伝えたくて商品紹介してるわけではなく、ただネットの何処かでカッコイイ?お洒落?な商品を探してきて、デザイナーだからこんなお洒落な物知ってるぞ自慢的に、自分では買った事も、使った事もない商品を紹介して、見てる人に『是非いかがですか?』と無責任に紹介するBlogのクリエイター達ですね。
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-1783.html
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-1603.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2177-cbf66258